ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

僕がやらなきゃいけないことは「自分を表現し、意思を相手に伝える」こと

こんにちは、スズキです。

僕はブログを書いて、自分を表現しています。

それが自分の中で一番手っ取り早い方法だから。

これならできると思ったから。

 

手元にパソコンがあって、インターネットの知識がちょこっとあればブログは誰でも始められる。

だからやってみた。

 

いつの間にか人間は変わるもの。

それも気付かないうちに変わっている。

 

僕は昔から作文、国語が苦手だった。

理数系のことが好きだったし、それが得意だと思っていた。

 

いつの間にか、文章を書くことが苦にならず、クオリティは別にして継続することができている。

どこかで自分の何かが変わったんだと思う。

だからブログを書いていけるのだろう。

 

ただ自分が思っていること、伝えたいことが本当に伝わっているか。

という基礎やテクニックの部分はまた別に勉強しなきゃいけない。

 

最近、YouTubeで素敵な動画を見つけたので2つ紹介したい。

一人は歌い手さん、一人はドラマー。

 


セブンイレブンのCMが神曲だったので歌ってみた

 


【KANA-BOON】なんでもねだりを叩いてみた!【AtsuyuK!】

 

たまたまYouTubeを漁っていたらでてきた二人。

別に共通点も、誰かの知り合いということもない。

 

ただ、二人ともめっちゃ楽しそう。

笑顔が素敵、表情がカッコよすぎる。

 

こんなに楽しそうに歌って、こんなに楽しそうにドラムを叩けるなんて。

それをこんなに素直に表現できるなんて。

 

全身で楽しんでいるんだろうなぁ、こんな風になりたいなぁって。

歌でもドラムでもなく、その表現や表情、内側に秘めてるパワーを真似したい。

 

文章でこれを表現するのは簡単かもしれない。

簡単かもしれないが、それは自分が本当に楽しい、楽しんでるときなんだと思う。

どこかで自制してしまうところで、この思いは伝わらなくなってしまう。

 

一人でわーわー叫んでいるだけじゃダメなのであって。

相手がキャッチしてくれること、キャッチしやすいメッセージを送らないとダメだ。

自分の気持ち、自分の思い、自分の意志を相手に伝えなければいけない。

 

文章で書いたり、歌を歌ったり、ドラムを叩いたり。

そういうツールを使いながら、それでも自分の気持ちは前面に押し出せるような。

 

それができない自分が悔しい。

この二人のように表現したい、この二人が羨ましい。

練習して、自分らしさを見つけて、表現に余裕があるうえでの楽しさなんだろう。

それだけ努力しているんだろうな。

羨ましいと同時に、自分の無力さ、不甲斐なさに失望しそう。

やべぇやべぇ、もっと弾けるんだった。

全身で自分を表現してやる。

 

「分かりやすい話し方」の技術―言いたいことを相手に確実に伝える15の方法 (ブルーバックス)

「分かりやすい話し方」の技術―言いたいことを相手に確実に伝える15の方法 (ブルーバックス)