ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

見えている自分、見えない自分

SNSなどで僕のことを知って頂いている方がいる。

そういう方と初めてお会いしたとき。

 

既に何回もお会いしたことがある方でも同じなんだけど。

「意外ですねー」と言われることがある。

 

自分が思っている"自分"や自分が演じている自分は、どのように映っているのだろうか。

往々にして、全く違う印象を持たれることが多い。

それは、オンラインとオフラインでは僕の中の何かが違うのか。

自分自身の自分に対する認識がズレているのか。

外に出すことによって、別の何かが悪さをしているのか。

 

と考えてみたけれど「魅せ方」ってあまり考えたことがなかった。

どんな自分を表現するか、どんな自分を表現したいか。

 

そのベースとなる気持ちは、ベースとなる信条や思いはどこにあるのか。

とりあえず適当にやっていると、ブレブレになってしまうようだ。

自分自身を見直す時間が足りていないのか、自分自身を深く掘り下げる力が足りていないのか。

 

まだまだ改善の余地あり。

少し長い目線で、何か新しいことを習慣づけていきたいので、その準備をしましょう。

その準備をしたら、さっさとやりましょう。

 

取り掛かったときは、ブーストつかって一気にいけるんですけど、それを維持するのが苦手なようなので。

 

あなたはどんな人ですか

あなたはどんな人を演じていますか

あなたはどんな人を目指していますか

あなたはどんなことをマスター^したいですか

 

改めて、自分と向き合うことが必要なようです。

 

 

自分自身と出会う―人間学ノート

自分自身と出会う―人間学ノート