ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

頭の中が計算だらけにならないのだろうか

こんにちは、スズキです。

ドーナツ無料で1時間も並ぶんじゃねー。

 

みたいな話で盛り上がっていますが。

 

たかが数百円のモノのために、1時間も待つなんてアホじゃないの??みたいなね。

 

僕は待ちませんけど、アホとも思いません。

人それぞれなんで、好きにしてください。

といったところです。

 

 

誰も騙してないし、騙されてない。

だったら、それを選ぶかどうかは、その人の判断なので、好きにしてくださいと。

 

1個150円だとして、2個のドーナツをもらうために、1時間も待つなんて。

お前は時給300円かよ。

みたいなことを言う人もいますよ。

 

でも、それはそれでいいんです。

 

ちょっと役職の付いたサラリーマンを例に考えます。

160時間働いて、給料が40万円だとします。

時給2,500円です。

 

時給2,500円の人が、みんな時間をお金で買うかどうか。です。

大人気のラーメン屋さん、1杯800円です。

あまりにも美味しいので、いつも大行列1時間待ち。

その隣で、同じクオリティのラーメンが3,300円で提供されていたら。

 

1時間待つことを止めて、3,300円のラーメンを食べに行く人が何人いるでしょうか。

 

 

一方で、時給1,000円の学生が。

東京から名古屋に行くのに、新幹線を使うとしたら

1時間30分で11,000円

在来線なら、6時間で6,000円

(端数は処理してあります)

 

もちろん長時間乗車による疲れや、乗り換えの手間などはあります。

 

が、どちらを選ぼうと、間違いではないんです。

 

単純に時間とお金だけで割り切れないことばかりなんですよ。

 

僕はドーナツのために1時間並ぶことはないですけど。

じゃ、「1時間待ったら2,000円のカツカレーが食べられます」と言われたらどうでしょうか。

時給2,000円以下の人は、オトクなプランなのでしょうか。

 

 

待っている人は、ただボーっと待っているだけなのか。

そこから何かを生み出そうとするのか。

それを含めて、良し悪しが決まるものです。

 

もちろん惰性で並んでいる人、目先の利益だけで並ぶ人もいることでしょう。

中には、ちょっと面白い考えの人がいるのかもしれません。

 

そういう価値判断、基準が違うから面白いんですよね。

「ドーナツ2個のために1時間も待つ人は終わってるぜ」

という意見もよくわかります

「ドーナツ2個のために1時間待つ人」

の感覚も分かります。

 

人それぞれなんで、横目で見て鼻で笑う程度で終わるのでしょう。

ただ、それが、仲のいいメンバー、恋人、家族だったら。

ややこしい問題になるのかもしれません。

 

 

時給100万円の会話術 (ロング新書)

時給100万円の会話術 (ロング新書)