ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

自責か他責か、粘りか損切りか

こんにちは、スズキです。

 

意識高い系の人と話をしていて、モヤモヤすることがあります。

それが、

  • 自責か他責か
  • 粘りか損切りか

ということです。

 

自責か他責か

そのままなんですが、自分の責任か、他人の責任か。

例えば、「Aさんに告白したけど振られた」場合

  1. まだまだ僕に魅力が無かったんだ
  2. Aさんは見る目がない、

の、どちらが答えなのでしょうか。

 

仕事に置き換えたとき。

上司に何かしらの提案をしたけど、軽くあしらわれた

  1. オレの企画書、まだまだなんだな
  2. 上司は何もわかっちゃいないな

の、どちらが答えなのか。

 

粘りか損切りか

では、Aさんに告白するとき、上司に提案するとき。

断られたあと、どれくらい攻めるのか。

 

5回、10回とアタックすればOKもらえるかもしれない。

たまたまその日、嫌なことがあって、気分が悪かったのかもしれない。

 

10回アタックすれば違っていたかもしれない。

という粘りも大事だし、

いい加減この辺りで手を引いておこう。

と損切りするのも間違っちゃいない。

 

粘りがいいと思う人にとっては「あいつはすぐに諦める、長続きしない」と思うだろう。

さっさと損切りすればいいと思う人にとったら「何をのんびりやってるんだ」と思うだろう。

 

考える指標はたくさんある

どっちがあっている、どっちが間違っているということじゃない。

単純に、色々な要素が絡んでいるだけ。

 

どれを選ぶのも、その人のやり方だから人のやり方なんて気にしなくていいのに。

意識高い系の人が集まると、結果に自分の考えを寄せているような気がする。

それを正当化して、安心しているような気がする。

 

上司に断られれば「上司が悪い」

さっさと居場所を変えて「損切り大事」

 

言いたいことは分かるけど、順序が逆なのかなぁと思うことも。

意識が高いからこそ、自分に自信をもって、決めた道を力強く進んでほしいと思う。

傷の舐めあいよりも、立ち上がる勇気を。

 

意識高い系の人、応援してます。