ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

僕の作業場は自宅、生産性を考えると自宅

拠点を持たずに活動できる人って本当にスゴい。

それだけ柔軟に適応していくのだろう。

 

僕自身はすごくしっかり線を引いてしまうし、融通が利かない。

自分が求めている環境がなければ、生産性が著しく低下する。

エンジンがかかるまでに随分と時間がかかってしまうのだ。

 

こだわりなのか、頑固なのか。

何をするのも、今のところ自宅が一番いい。

自宅の環境が一番落ち着くし、自宅のパソコンが一番調子がいい。

 

ふと、新しいモバイルPCのことを考えていた。

モバイルPCだけど高性能なモデルにするか。

モバイルPCだからこそ可搬性に優れたモデルにするか。

 

ここ数日、外出していて気付いたのは、可搬性に優れたモデルがいい。

高性能なそれを買ったところで、結局は自宅の環境が一番だから。

そのうちキーボードやディスプレイまで持ち運ぶようになるだろう。

そうなったら本末転倒。

 

可搬性を最優先にすることで、妥協する作戦。

 

やっぱり自宅が一番いい、自宅の作業場が一番仕事がしやすいのだ。

 

 

書斎探訪

書斎探訪