ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

会話のキャッチボールができなかったこと

先日、飛行機に乗った。

 

中部国際空港発 羽田行き JL200便。

7:45に出発し、8:45には着陸する。

 

空の上にいるのは実質35分ほどのフライトだった。

 

 

僕は写真を販売しているので、とにかくいろいろなところで写真を撮っている。

 

飛行機に乗っているときも写真を撮る。

窓からの眺め、機内の様子、着陸後の様子。

着陸し、多くの乗客が飛行機から降りているとき、貨物室から荷物を取り出すシーンが見れた。

 

クラスJという上級クラスのシート横からよく見えたのだ。

数枚写真を撮り、降り口に向かう。

 

客室乗務員の方が、声を掛けてくれた。

「本日はありがとうございました。いい写真撮れましたか」

 

と、

 

別になんてことはない、普通に声を掛けてくれただけなのだが。

そのハートフルな挨拶に僕が返事ができなかったのだ。

 

余裕がなかったわけでも、機嫌が悪かったわけでもなく。

 

人と話をすることに慣れていないみたいだ。

基本的に一人で移動するので、会話をするという習慣がない。

 

また、普段もあまりワイワイと話をするほうではない。

相手は相手、自分は自分とラインを引いてしまう。

 

ただそれだけのこと。

でも、自分自身の対応は気持ちのよいものではなかった。

半年ほど前、全国で活躍されているライターの西村愛さん(@55aiai)

 

 

に言われたことを思い出した。

「一人旅は"ひとり"じゃない、道中や現地で誰かと仲良くなれるから。」

 

 

せっかく声を掛けてくださったのに、蔑ろにしてしまった自分。

 

猛省するしかない。

それと同時に、JALのホスピタリティの高さに気付いた。

降り口で、ちゃんと声を掛けられたのが初めてだった。

 

慣れてないから余計にあたふたした。

 

満足に返答もできず、無視してしまうような態度になってしまった。

 

 

僕がやりたいことは「多くの生の声」を集めること

 

誰にでも声を掛けて、情報を引き出すこと。

まだまだ下地がしっかりできていないことが判明。

 

順番に積み上げていくしかない。

 

f:id:acogale:20180125190943j:image