ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

通信回線にも冗長化が必要なのは当たり前だと思う

LTE設備の不具合で、ソフトバンクさんが大変だったようだ。

ソフトバンクが大変なのと同じように、ユーザーも大変だった。

なにせ、携帯電話が使えない時間が4時間ほどあったのだから。

 

通信回線の冗長化、これを考えなきゃいけない時期かもしれない。

僕の手元にはauとドコモ、それぞれのMVNOと4種類のSIMがある。

とりあえずなんとかなっているところ。これは通信が途絶えることで、僕自身に被害がでるから。

となれば、予備を持っておくのは当たり前なのかもしれない。

 

特にMVNO、いわゆる格安SIMを使っている人なんかも。回線のことではなく端末のこと。

大手キャリアのように、ショップもないし故障時の代替機種の貸し出しもない。

となれば、自分自身でバックアップを用意しておかなきゃいけない。

 

冗長性を考えれば考えるほど、コストは増える。保険のようなものだ。

 

とはいえ、自分でやれるだけの冗長性は持っておきたい。

奥野さんの名刺作成講座で、こんなことを教わった。

「Gメールアドレスを書いておけば、ハングアウトで通話ができる」と。

携帯電話番号以外に、Gメールや、ChatWork、SNSなどのアドレスを書いておけば、相手とやりとりができる可能性が増える。

 

また、それ自体は非常に低コスト。

そういったところから冗長化していき、損失とコストを天秤にかけながら判断していけばいいと思う。

 

最近は便利なものがたくさんできているから。新しいものを使いながら、快適に過ごしていこう。

 

 

ネットワーク超入門講座 セキュリティ編

ネットワーク超入門講座 セキュリティ編