読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

純度高く生きたい。という話

こんにちは、スズキです。

 

人間は環境に適応し過ぎてしまう。

環境に流されるんだなぁと、改めて実感しました。

 

周りの歩くペースに合わせて歩いてしまったり、会社のルールを素直に受け入れてみたり。

それが自分にとってプラスの環境であれば、周りからギチギチに刺激をもらって成長できる。

やべぇやべぇ、オレ遅れてるじゃん って思いながら。

 

でもそれが逆だったら。

知らない間に、理想の自分から離れていくのだ。

「こんなはずじゃなかった」

といつの日か思うのだろう。

 

いばや通信の坂爪さんが、こんなことを言っていた。

最高を求めないと、普通がはいってくる。

この記事の2つ目の見出しのタイトルになっている。

 

最高を求めないと、普通がはいってくる。

これを読んだときに、僕は勘違いをしてしまったのだ。

最高を求めないことで、普通のエッセンスが入ってくるんだよ~~と。

=最高を求めすぎるから普通にもなれないんだ! と。

「普通【これでいいや】」的なものに生活全般が侵食をされてしまって、結果的に中途半端な人生で終わってしまうような気がしている。

と、書いてあった。

 

全く逆の解釈をしていたのだ。

「普通」でいいやと思うことが、中途半端な人生にしているんだぞ。

ということだ。

だから意識高く、最高をゴリゴリ求めていかなきゃいけない。

 

自分の純度を上げていかないと、一つ上のレイヤーには行けないのだ。

今日の最高って何だっただろう。

手抜きしないでやってこれたかな。

 

一日を振り返ったところで、胸を張って「最高だった」と言えない。

最高だったと言えないのは、最高になるような準備、心構えが無かったから。

 

周りにモノが増え、仲間が増え、それはそれでワクワクするし楽しい。

でも、その環境に染まり過ぎると純度が低くなってくる。

締まりがなくなり、最高を求めなくなる。

まぁこれでいいや。ってね。

 

1日1日を大切に生きなきゃな、今が勝負なんだな、真剣勝負の繰り返しなんだなぁと。

まだどこかで他人事のように思っていることだらけ。

坂爪さんの「最高」には、気持ちも行動も届いていないようだ。

 

ミニマリスト、断捨離。

そういったライフスタイルが最近注目されているのは、純度を上げるためだろう。

少数精鋭で、バチッといきたい。

贅肉をそぎ落として、スマートにいきたい。

 

そういう気持ちがミニマリストで断捨離で、そして自分の思考純度を高くしていくものだと気付いた。

ごちゃごちゃした部屋の何が嫌なのか。

それは純度が低くなってきた、混ざりもののスズキになってきたこと。

 

「自分」という純度を上げるためにも、もう一度、身の回りの整理整頓をしなければいけないだろう。

 

幸福純度100%の自分を生きる本

幸福純度100%の自分を生きる本