ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

「ブログを書きたい」という気持ちが強くなったこと

「ブログを書く」という行為は単純明快。

でも、ただ書くだけではなく、そこにはクオリティや誰に読まれるか。というようなことも考えるようになると、ブログを書くというのは難しい。

 

駅前で、はとぽっぽを歌うように、とにかく大きな声で、なりふり構わず叫ぶ。

そんなブログだったら簡単だ。

一方的に発信する場合、何をモチベーションに活動するのだろう。

自己満足の塊だけでいいのだろうか。

 

最近、気持ちを届けたい人ができた。

それは「ある人」ではなく、記事の向こう側に色んな人がいることに気付いたということ。

もちろん記事によってその相手は違う。

 

その人に向けて、気持ちを伝える方法、感覚が何となく分かるようになった。

つまり、画面の向こうの「あなた」に送る言葉がたくさんでてきた。

 

「もっと書きたい、もっと伝えたい」そんな気持ちでいっぱいになった。

 

今までどうしてできなかったのか。と言われても分からない。

自信が無かっただけなのかもしれない。

気持ちが少し変わる、その一歩を踏み出すのに僕は1,000記事必要だった。

短い記事から気合いを入れた記事まで、2年半書き続けてきた。

 

約1,000記事。

 

それでもって、ようやく「書きたい気持ち」「伝えたい気持ち」「画面の向こう側の人」に気付くことができた。

 

ブログはアウトプットのツールにしたい。

アウトプットする先には誰がいるんだろうか。

 

今までは「消化すること」と「アウトプット」の中間にいたのかもしれない。

自分の考えをブログでまとめて自分の理解を深める。

 

そこからもうちょっとだけ進歩したのかもしれない。

ブログを書きたい気持ちがふつふつと湧いてきた。

正確に言えば、「書いて、特定の人に伝えたい」気持ち。

 

ちょっとばかり進歩した自分に、ニヤニヤしてしまう日だった。

 

 

図解 自分の気持ちをきちんと「伝える」技術―人間関係がラクになる自己カウンセリングのすすめ

図解 自分の気持ちをきちんと「伝える」技術―人間関係がラクになる自己カウンセリングのすすめ