ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

数年前に出会ったカッコイイおばちゃん

スマートに生きよう、スタイリッシュに生きよう

そんなことを思いながら、20代のころはDIMEやLEONを読みながら、身の回りのものを揃えていました。

 

20代後半のある日。

ちょっとお金に困ったことがあり、アルバイトに出かけました。

地下鉄の広告を張り替えるアルバイトです。

 

名古屋の地下鉄、藤が丘駅の車両基地にて車内広告を張り替えるんですけどね。

お昼ごはんの時間に、素敵なカッコイイおばちゃんに出会いました。

 

確か、美濃味匠というお惣菜屋さんでのこと。

イートインスペースがあり、お惣菜を買って食べることができるんです。

適当なごはんスポットがなかったので、そこでお昼ごはんを食べることに。

 

少し奥のほうに手洗いスペースがあるんですね。

手をかざすと水がでてくる自動水栓と、ペーパータオル。

 

お食事が終わった例のおばちゃんは、手を洗いに行きました。

僕も何気なくその光景を見ていました。

 

手を洗い終わったあと、おばちゃんはペーパータオルで手を拭きます。

それで終われば普通のおばちゃんなんですけどね。

 

そのおばちゃんは、ペーパータオルで周りに飛び散っているであろう水滴を拭くんです。

それも自然に、毎日やっているかのように拭くんですね。

 

その気遣い、その行動に僕はひどく胸を打たれたわけです。

 

掃除なんてお客さんがしなくてもいい、お店側ですればいい。

水滴が飛び散っているなら、それもお店の人が掃除すればいい。

 

当時の僕はそう思っていました。

それが自然で、普通だと思っていました。

 

が、そのおばちゃんの姿を見て、考えが大きく変わったんですよ。

そのくらいのことであれば、僕がやってもいいのかもしれない。

 

 

たった5秒、使ったその場の周りを拭くだけ。

それくらいのこと、オレにもできるぞ。と。

 

逆に言えば、それくらいのことができなかった。

勝手にラインを引いて、目をそらしていた。

そんな自分が恥ずかしかったですね。

 

社会にでて、数年働き、一通りのことはできるようになった。

仕事もある程度任せてもらって、自分の範囲でいろいろできるようになった僕が。

水滴を拭くくらいのことができなかった。

 

広告の張り替えのバイトは1日働いて5,000円でしたけど、そのおばちゃんの光景が見られただけでも満足でした。

 

カッコいい人は何かが違う。

オーラなのか、行動なのか。

 

カッコいいと思った人の真似をしてみたい。

少し掃除するくらい簡単にできると思った。

だけど、なかなかできない。

 

カッコいいスズキになるには、もうちょっと時間がかかりそう。

 

 

学校では教えてくれない大切なこと 5 カッコよくなりたい

学校では教えてくれない大切なこと 5 カッコよくなりたい