ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

たまに自分が神様だと思うときがある。

神様の定義とは。

そんな小難しいことは気にしなくていい。

 

すごく調子がいいとき、まるでマリオがスターを取ったときのように。

俺って無敵だな。

そんなことを感じる日がある。

 

会いたい人に会える、行きたいところに行ける。

全てが順調。

 

あぁ、俺って神様なのかもしれない。

 

調子が良いと言い続ければ、いつの間にか調子が良くなる。

絶好調だと思えば、絶好調でいることができる。

 

例えば「時間を守らない」ということで、いろんな人から指摘されたとしよう。

絶好調であるスズキは「おぉ、時間のこと、最近めっちゃ指摘される、やべぇやべぇ、これが今の俺には足りていないんだな」

一方で、絶好調じゃない太郎君は「どいつもこいつも、時間時間ってうっせーよ」

と思うだろう。

 

どちらも同じこと。

時間を守れ!!とご指導いただいたとして、受け止め方が違うだけで、気分もその先も、まったく違うものになる。

 

神様だから。

また怒られるときに「ほらほら、時間を守れってことでしょ???やっぱりねー」と答え合わせをするようになる。

まるで未来を予測できるかのように。

 

僕の意識の中、僕の考えうる範囲で物事が動いているかのように感じる。

未来を予測できる特別な人に、神様のようになれた気になっている。

 

何かを意識することによって、取捨選択もしやすくなり、自分の行きたい方向へ行きやすくなる。

いつの間にか、思い描いていたような道が現れ、そこを歩いていくだけでよい毎日になる。

 

ほんの小さなことかもしれないけれど、思い描いていたことが実現すると、ルンルン気分になるものだ。

いつの間にか神様になったかのように。

 

ちょっとした思い込み、ちょっとした思考の変化で、毎日がガラリと変わる。

別に「神様」でなくてもいい。

が、強く思い込むことで、それに近しい人になれることは間違いない。

 

僕は神様として、そう自分を信じて生きていくのだろう。

 

 

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-

神さまとのおしゃべり -あなたの常識は、誰かの非常識-