ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

欲しい情報を得るためには感度高めISO6400以上

ISO値で言えば、6400~12800くらいか。

ノイズ入りまくりだけどそれでいい。

 

まずは感度を高くして、自分の情報がある方向を見つけよう。

どこにあるか分からないから、300mm F5.6くらいのレンズで探せばいい。

 

その方向が分かったら、歩いて走って近付いて、あとはじっくりと情報収集。

その時は高感度になる必要はなく、ノイズ少な目の純度高めを選ぶ。

ISO100、35mm、F4くらいがちょうど良さそうだ。

 

情報をザッピングしながら、欲求に沿ったものに近付いていくこと。

近付いたら、じっくりと見ること。

 

悩みがあっても、それを解決したいと思わなければ、ヒントは通り過ぎていく。

なんとかしたいと強く思うことが、あなたの悩みを助けてくれる。

 

要するに自分自身の感度によって、あなたの悩みは解決するし、あなたの幸せもやってくる。

 

例えばコンビニで、プリンがあといくつ残っているかは、興味がないから覚えていない。

でもそれが、限定商品で探し求めていたプリンだったら。

あと3つあった、買えた、よかった。

と、プリンの個数を覚えている。

 

プリンがあなたの悩みを解決してくれるかもしれない。

だからこそ、感度高めに生きる。

 

ヒントがたくさん落ちているから、それに気づくべし。

 

 

小型・高感度受信! オールバンド室内アンテナの製作 (電子工作Hi-Techシリーズ)

小型・高感度受信! オールバンド室内アンテナの製作 (電子工作Hi-Techシリーズ)