ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

フリーランスの家族割引

家族って面倒な存在だな。

と、久しぶりに思った。

 

片手間ではあるが、屋号を掲げて収入を得ていると。

家族に限らず近しい友人関係や、恋人の存在がちょっと面倒になるかもしれない。

 

サラリーマン"だけ"で頑張っていたときは、そんな気持ちにはならなかった。

土日に何をしようと、僕の収入は変わらない。

一日中遊んでいようと、本を読んでいようと、直近での収入は変わらない。

もちろん資格勉強をしてとか、マネジメントの勉強をして、その先に収入のアップが見込めることはある。

 

フリーランスで何かを始めたら。

やった分だけが収入になる。

毎日働けば、毎日が収入になる。

生活の中の行動と収入が、よりリアルに密接に結びつくようになった。

 

朝まで飲みに行こうと誘われたとき。

飲み代の支出より、飲んでいる時間で1本納品できるかもしれない。

と考えるようになった。

近い将来の収入が、目の前に見えるようになった。

 

フリーランスの友人が「それは外注しちゃえばいいよ」と言っていた感覚がようやくわかった。

面倒なこと、苦手なことは外注して、得意なことで収入を得る。

何かをしようとするその時間も、お金を稼ぐことができるから。

 

お金を稼ぐことができなかったサラリーマン時代の僕は、支出を減らすために、面倒なことを自分でやっていた。

それが多方面から収入を得ることができる術を身に着けたら。

外注すること、アウトソーシングすることの重要性が分かるような気がする。

 

さて、問題は家族。

あれやって、これやって。

とお願いされることがある。

まあしょうがないな、という枠の中であればいいけど。

 

それって外注したほうがよっぽど安いんじゃないか。

安い上に相手はプロだから、自信を持って紹介できるぞ。

 

今日は家族に頼まれていることがあるんですが。

外注すれば6,000円程度のこと。

人日〇〇円で僕が請け負ったらいくらになるのか。

 

それを無条件で請けるということは、まさに家族割引だ。

交通費、必要経費を考えたら、50~80%引き。

もっと言えば、お金はもらえないので、100%引きだ。

 

家族と触れ合うプライスレス感があるのは分かるけども。

お金というラインで線を引くことが、簡単な基準なんだと思う。

 

もちろんお金が全てじゃない。

でも、その作業って僕じゃなきゃいけないこと??

誰がやってもいいんじゃないの???

と思うことがたくさんあったから。

 

 

ありがとうって言えたなら

ありがとうって言えたなら