ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

経験を価値にできる人、できない人

友人をゴハンを食べていた。

 

「お金が好きだ」という友人は出張が多い。

週に3日は新幹線に乗って、ビジネスホテルに泊まっている。

 

ふと聞いてみた。

「それをコンテンツにしてみないの??」

 

もちろんどのくらいお金になるか、ならないか。

手間はどれくらいかかるのか、は別にして。

 

 

彼がそれをコンテンツにしなかったのは、冷静な判断があったわけではなく、コンテンツにすることが思い浮かばなかったとのこと。

出張している経験を、コンテンツにできなかったのだ。

 

ここでも何度かご紹介しているが、雑誌「BRUTUS」の編集長 西田善太氏がこんなことを言っていた。

「その場にいたい」

「この目で見たい」

「誰彼かまわず話したい」

「そしてウケたい」

 

氏が言う「誰彼かまわず話したい」という気持ちが少ないと、経験をコンテンツにしづらいのかもしれない。

 

自分の経験を誰かに伝えることがなければ、伝えた先でのリアルな反応も感じない。

リアルな反応があるからこそ「価値のある経験」と「価値が少ない経験」の判断もできるようになる。

 

経験を価値にできる人、できない人。

最初の入り口は「誰彼かまわず話したい」という気持ちではないだろうか。

 

 

 

BRUTUS(ブルータス) 2018年7/1号No.872[新・珍奇植物]

BRUTUS(ブルータス) 2018年7/1号No.872[新・珍奇植物]