ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

キッカケを自分で作れる人は強い  

モヤモヤしながら、何かやりたいと思っている人はたくさんいる。

 

行ってみたい場所、やってみたいこと、欲しいもの。

○か×で選ぶなら、○なんだけど踏ん切りがつかない。

 

そんな人が世の中には多い。

 

電車で15分くらい離れたところにあるケーキ屋さんでさえ、いつ行こうか悩んでしまう。

でも、誰かにそそのかされたり誘ってもらったら、二つ返事でいく。

 

いつやるか、今でしょ!!

 

全てはこれに集約される。

行ってみたい場所がたくさんあっても、やりたいことがたくさんあっても、スタートが切れない。

 

その最後の一押しを、自分自身でできる人は強いのだ。

自分のタイミングで、自分の行動を制御できる。

 

僕はそれが苦手で、いつも誰かに後押ししてもらっている状態。

「早くやったらいいよ」と言われ、「よし、やってやるか、、、、」となる。

 

先日、北海道に行ったときも、キッカケは誘われたから。

○日~○日は札幌にいるから待ってるぜ。と。

予算、日程、タイミング、全く問題がなかった。

 

とすれば、行くしかない。

 

本当はいつでも行くことができる。

週末に出かけるだけのことだ。

 

だけど、「いつでもできる」は「いつもできない」ということ。

 

www.yare.style

 

いつでもできると思っていると、一歩が踏み出せず、いつまでたってもできないのだ。

だからこそ、周りの人がそそのかしてくれたときに、どんどん相乗りすることにしている。

 

それが自分自身でできればいいのだけど。

今は周囲の仲間の声や意見に敏感になって、真似する、相乗りする。

そこから僕の何かが変わってくるのだろう。

 

最後の一押しを自分でできる人は強い。

そうでないなら、相乗りしよう。

 

 

部下のやる気を引き出すワンフレーズの言葉がけ

部下のやる気を引き出すワンフレーズの言葉がけ