ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

キンモクセイが香らない秋、1年前の自分とは違う自分

キンモクセイの曲と言えば「二人のアカボシ」しかピンとこないスズキ(@acogale)です。

 

五感に触れると、過去の思い出がよみがえってきます。

電話越しに聞こえるアノ人の声

どこかで見たことのある風景。

雨上がりのジメっとした匂い。

 

特に僕は音が好き。

音のお陰で、いろんなものが頭の中で結びつくのだ。

 

でも、匂いにもやられるときがある。

それは、

  1. おでんを作るような出汁の匂い
  2. 石油ストーブがくすぶったような匂い
  3. キンモクセイの匂い

この3つの匂いは、強烈に過去を思い出させてくれる。

僕にとっては、家庭の温かい匂いも、石油ストーブの匂いも、キンモクセイの匂いも過去のものとなってしまった。

 

ツイッターで、フェイスブックで。

特に最近見かけるのは「キンモクセイの香りが~」という投稿。

 

秋口のほんの1週間程度しか香らないキンモクセイ。

昔住んでた家は、玄関を出たところにキンモクセイが植わっていた。

今の家は違う。

 

今の家は都会にある、そして目の前がバス停だ。

家と会社を往復するのに、自然に触れ合う場所がない。

 

家から出たらバス停、バスに乗って駅へ、電車に乗って会社へ。

 

キンモクセイの香りを嗅げば「あぁ、秋になったんだな」と思うけれど。

キンモクセイの香りに気付かなくても、僕の毎日は過ぎていった。

 

誰かがツイートしなければ、誰かがフェイスブックにポストしていなければ。

今、キンモクセイが香っていることも気付かなかった。

 

1年前の自分はどうだっただろうか。

玄関に植わっているキンモクセイの隣を通り過ぎるとき。

あぁ、秋になったな。

と気付いていただろう。

 

住む場所が変わり、仕事が変わり、環境が変わる。

いつの間にか、思い出にしていたことさえ、遠い場所にいってしまった。

 

過去の自分はどこへ行ってしまったのか。

今の自分は、どんな自分なんだろうか。

 

いつの間にか、自分自身を見失っているのかもしれない。

 

キンモクセイの香り。

ただ、秋を感じるものではない。

幼いころから、毎年のように香っていたそれが、今年は無かったのだ。

 

小さなことかもしれないが、キンモクセイの香りが無いだけで、こんなに不安になるものなんだな。と。

 

たまには過去に戻ってみるのもいいのかもしれない。

 

二人のアカボシ

二人のアカボシ