ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

それは、気を遣っていないのか、ものすごく気遣いが上手いのか

こんにちは、スズキです。今年で33歳です。

年下の仲間もうんと増えてきました。

18歳の人とも知り合うことができました。

 

すごく心地よく過ごせる仲間がいます。

ゴハンを食べたり、遊びに行ったり、勉強したり。

 

年齢差を感じないくらい、ナチュラルに迎えてくれる仲間がたくさんいます。

本当に気を遣わなくていいと思っているんですが。

 

僕が心地よく過ごせるのは、気を遣われないくらいのちょうどいい存在なのか。

それとも、僕が気付かないくらい丁寧に、気を遣ってくださっているのか。

 

後者であれば、それは本当に負担になってしまうので、どうにかしなきゃ!と。

 

最近お付き合い頂く皆さん、本当にありがとうございます。

何も考えないくらい、フラットにナチュラルに接してくださってありがとうございます。

 

 

できる人は必ず持っている一流の気くばり力 (単行本)

できる人は必ず持っている一流の気くばり力 (単行本)