ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

「こだわらない」というこだわり

僕は服、ファッションに興味がない。

素材の良さ、着心地が違うのは分かるし、シルエットや見栄えが違うのも分かる。

でも、興味がない。

興味がないことがハッキリしているからこそ、そこに強烈なこだわりが生まれる。

 

こだわらないこだわり

どれがいいかな、と考えることがないので、選択肢はできるだけ減らしたい。

いつものアレ、いつものコレ。

毎日同じ格好でもよいと思っている。

 

ただ、外れを引くのは嫌だから、ある程度は考える。

あれこれ試してみたいわけじゃなく、このくらいでいい、冒険したいと思わない。

ということだ。

定番のそれが決まれば、ずっとソレを使う、着る、頼む。

いつも同じ、毎日同じ。

 

なにもしないこだわりってのも大事なこと。

ミニマリスト的な考えもあるけど、どうでもいいものだからこそ、よしなにやっておきたい。

 

そうすると、これでいい、これがいい、と強いこだわりになってしまう。

 

喫茶店に行ったときとスターバックスに行ったとき。

注文するメニューが違うように。

 

喫茶店の場合は、別にこだわりも何もない、とりあえずの喫茶店だからホットコーヒーを頼む。

スタバの場合、アレンジコーヒーを飲みたいな!!と思うから、ホットコーヒー以外を頼む。

 

そのモノについて、あんまり関心がないときは、いつも同じものを頼んでしまうのだ。

 

こだわりがないこだわり。

言葉遊びのようになっているけれど、こだわりがないこだわりは、絶対みんな持っている。

それに気づいていないこともあるけれど。

 

こだわらないことも、こだわることも、ぐるっと一周回ると同じ事なのかもしれない。

 

 

この「こだわり」が、男を磨く (単行本)

この「こだわり」が、男を磨く (単行本)