ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

面倒くさいことは、ある程度やったほうがいい

楽チンに生きることは簡単だ。

だけど、ちょっと面倒くさいことをやってみてもいいかな。と思った。

 

楽チンか、面倒か、それだけで判断するのは、ちょっともったいない。

 

ライトニングトークに参加した。

今回は制限時間5分のトーク。

 

スライドにアニメーションを付けるのが苦手なので、全部差し替えるパターンで90枚。

パワポのスライドが90枚になった。

作るのに5時間、リハーサルに2時間。

 

5分の発表のために、5時間かけて90枚のスライドを作った。

 

率直に言えば、面倒なこと。

別にやらなくてもよかったかもしれない、けどやってみた。

 

始めの2分は自己紹介と、自分自身の前提の共有。

僕はこんな考えを持っています、僕はこんな経験があります、〇年前からこんなことをしてました。

 

それを書くにあたって、自分の過去を調べる。

本当にその日であっていたのか、間違って記憶していないか。

 

他にも、普段ぼんやりしていることを、明確にしていく。

自己紹介で言うことが多い「どこからきたのか」「好きなモノ」「ハマっているコト」

そういうありふれたそれらについて、じっくり自分の中で考えたことがあっただろうか。

自分の「好きなモノ」ってなんだろう、それってどれくらい好きなんだろう。

 

そんなことをリアルに考えることは少なくなったけれど。

今回ライトニングトークに参加することで、もう一度自分の内面と会話をし、答えを導き出したのだ。

 

自由参加だったライトニングトーク。

スライドを作ったり、やり取りをしたり、面倒なことが多かった。

でも、それ以上に自分と対話するキッカケをもらった。

 

ただただ面倒くさいからと、パスしたり逃げたりするのではなく。

余裕があれば、ちょっと興味があれば、面倒なことでも試してみるといい。

 

全く違う自分の何かが見つかるときがあるから。

 

 

対話のレッスン 日本人のためのコミュニケーション術 (講談社学術文庫)

対話のレッスン 日本人のためのコミュニケーション術 (講談社学術文庫)