読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

90日で20ページしか考えていない、思考停止バカになっている。

メモ帳は使いません

こんにちは、スズキです。

仕事でもプライベートでも、僕はメモ帳を使いません。

パソコンについてるアレじゃなくて、ペンで書くメモ帳のことです。

↓こんなヤツ↓ 

ロディア No.11 方眼罫 オレンジ 3冊セット cf11200

ロディア No.11 方眼罫 オレンジ 3冊セット cf11200

 

 

随分と前に読んだ本に書いてあったんですね。

メモ帳にメモをしたところで、読みかすことはない。

と。

 

だから自分にとって大事なこと、メモすることはノートに書くことにしています。

www.yare.style

 

 

ノートに書いて想像を膨らます

ノートに書くことで、数か月前のメモもしっかり残っています。

古いノートも置いてあるので、自分の考えや悩みがずっと残っているわけです。

 

今使っているノートの1ページ目を見てみると"2月15日"と書いてありました。

約3か月前、どれくらいノートを書いたのかと数えてみたら20ページ。

90日で20ページ分しかモヤモヤしてなかったんですね。

 

「いろいろと考えていた」という錯覚

ノートを片手に、いろいろと悩んでいたはず。

小さな問題を切り取って、あれこれ考えていたはずなんだけど、実は20ページ分しかなかった。

 

この一つ前のノートは、4か月で使い切っていた。

ノートは180ページ。

1日1ページ以上のペースで、いろいろなことをメモしていたのだ。

 

アピカ プレミアムCDノート 方眼罫 A6 CDS70S

アピカ プレミアムCDノート 方眼罫 A6 CDS70S

 

 

定量的な判断になった

ノートにメモをするようになって、メモを落としたり失くしたりする可能性が減った。

それが一番の目的だった。

書いたことを、継続して持っていたいということ。

 

それを目的にメモ帳を使わずノートを使っていたら、過去が振り返りやすくなった。

過去をただ振り返るだけじゃなく、どれくらいのペースで書いていたかも分かるようになった。

 

定量的に判断できる副産物が生まれたのだ。

どれくらい自分のモヤモヤと向き合えたのか、いい判断材料ができた。

 

頭をスッキリさせるためにも

思った以上に書いてなかったことにびっくりしている。

だから頭がスッキリしなかったのだろう。

 

どこかで不完全燃焼だった自分。

それは、手を動かさなかったことが原因だ。

 

自分では、やっている"つもり"だったけど、俯瞰的に見てみると全くそうではなかった。

いつの間にか、、、という自分の思い込みはさっさとやめて、数値でしっかり判断できるようにしたいものだ。

 

より具体的に、よりわかりやすく、そのためにノートを書いて頭をスッキリさせていきたい。

 

f:id:acogale:20170518203837j:plain