ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

面倒な人間関係を一掃したいわけです

こんにちは、スズキです。

 

今年もお世話になりました。

今年は色々な方にお世話になりました。

本当にありがとうございます。

 

今年のことを話す前に、最近のすごく気になること。

世の中には「すごく面倒な人間」がたくさんいるということです。

 

自分が前に出たいのか、サポーターに徹したいのか。

どんなポジションにいたいのか。

そのあたりがブレブレな人、すごく面倒です。

 

部下に任せたのなら、あるラインまでは任せてほしいし。

それができないなら、任せっきりにしないこと。

 

手をあげたら最後までやってほしいし。

やべぇ、無理だ!!と思ったら、その事実を早く共有してほしいこと。

 

パイプ役をしてくださるのはありがたいけど、情報を正確に受け渡ししてほしい。

事実と主観が入り混じって話をされると、誰の意見か分からなくなってしまう。

 

そんな方が周りにいらっしゃいます。

そこに気付かないまま、素敵な人だなーーーと僕自身が思っていたこともあります。

まだまだ未熟だったんですよ。

 

特にオンラインでやり取りする場合。

微妙なニュアンスの違いで、モメたり、喧嘩になったり。

意図が正確に伝わらないことも。

 

時間、持ち物、役割がうまく伝わらないことも。

それはお互いを信じていたり、打ち解けあっているからこそ発生する問題なのかもしれません。

マニュアル、進行表が雑になる。

 

やると言った人が、最後まで責任を持たない結果が、各所に不満を残すわけです。

 

面倒な人を一掃したい。

 

それが100%できるか、と言えば難しい環境の方が多い。

数人で休日ランチに行くわけじゃないんですよね。

会社、地域コミュニティ、決まっている大きな組織の中での問題です。

 

そんなときはポジションを狙うしかないんですよ。

 

自分の役割をさっさと生み出し、そこには責任を持つ。

それ以外は、それ以外の役割の人が頑張ろう。

 

自分の居場所づくりのように、自分の役割を作ることで、面倒な場から逃げる。

 

これが行き過ぎると、マウンティングしだすオジサンになってしまうんですけどね。

ちょうどいいラインを攻めること。

さっさと意思表明すること。

誰よりも先に言うこと。

 

とにかくさっさと逃げましょう。

 

面倒な人間関係、一掃するのが難しいから。

自分が枠から外れてしまうことを考えればいいのです。

 

 

職場の人間関係づくりトレーニング

職場の人間関係づくりトレーニング