ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

雑念を避けるために、ミニマリストになる

こんにちは、スズキです。

 

一人の時間が欲しいときってありませんか。

実家暮らしだったり、恋人、家族と住んでいると、一人の時間ってとりづらい。

例えば、パートナーが外出したり、旅行に行ったとして。

それは本当に一人の時間なんでしょうか。

 

家が散らかっていれば、散らかった荷物がしゃべるかけてくるんです。

シンクが片付いていなければ、お皿やコップが話しかけてきてくれます。

 

整然と、整理整頓ができている状態であることが重要なんです。

荷物も、家具も家も黙っていてくれる。

温かく見守ってくれている。

 

そんな環境でないと、一人になった気がしないんですね。

ノマドワーカーがカフェに行くのは、そういう理由なのかもしれません。

家が落ちつかないのは、家にあるモノが話しかけているからかもしれません。

 

最近のカフェは、オシャレでキレイ。

ごちゃごちゃと話しかけてくるモノも人もいません。

だから一人になれる、一人の考え事ができるんです。

 

音、匂い、照明、空気。

そういったものができるだけ大人しく、黙っていてくれるために。

もっと身の回りを整理整頓しよう。

必要なものにだけ囲まれていよう。

 

ミニマリストになろうと改めて思った次第です。

精神を安定させるためにも、雑念に惑わされないためにも。

 

モノを減らして、自分の場を作っていきたいと思った所存です。

 

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ - 【無料お試し版】

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ - 【無料お試し版】