ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

今日から11月、月が変わることに何を期待しているのだろう

今日から11月。

1ヶ月も終盤になると考えることがある。

「来月はダイエットをしよう」「来月は早起きをするぞ」「来月は自炊してみよう」

 

決まって「来月は○○」と考える。

 

月が変わることに何を期待しているのだろう。

残念ながら、10月が11月になろうと、11月が12月になろうと、何も変わらない。

いつもと同じ日が過ぎ、いつもと同じ月末になる。

 

来月から始めることに、どれだけの意味があるのだろうか。

 

やる気が無いときの最後の言い訳が「来月から」なのかもしれない。

やっていない自分への免罪符のようなものだ。

 

月が変わっても、同じだということに、早く気付きたい。

頭で分かっていても「来月は頑張ろう」と思ってしまう癖をやめたい。

 

結局のところ、先延ばしのための言い訳だから。

 

11月になって、何が変わったか。

保存するファイルのネームが、201810~~から、201811~~に変わったくらい。

いつもと同じ空気が流れていく。

 

日常の変化は小さくもあり、大きくもある。

それを引き起こしてくれるのは、月でも日でもなく、自分自身の一歩。

一歩の後押しをするのが、月や日かもしれないけど。

 

11月になったところで、何も変わらない。

自分自身で一歩踏み出すことを始めなければ、大きく変わらない。

 

 

それは頭で分かっていても、できないのが今の自分。

ちょっとばかり月に頼ってもいいかなって。

ターボもかからないし、爆発することもないから。

せめて必ずやってくる11月に期待してもいいかなって。

 

無事に11月がやってきたのだけど。

案の定、変化無し。

このまま12月を迎えてしまうのか、ずっこけるまで全力疾走できるのか。

 

楽しい11月がやってきたようだ。

 

 

ハッとめざめる確率

ハッとめざめる確率