ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

【恋愛】モテたいなら、惜しまずお金を使い練習すること

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

出会い別れの時期だからこそ、出会いを活かせるように。

 

そのためには3つのパターンで勝負

  1. ひたすら努力する
  2. 運に任せる
  3. お金にものを言わせる

 

努力もいいけど、時間に見合わないカモ。

センスにも左右されますし、客観的に自分を見ることができないといけない。

 

運に任せるのは、ちょっと難しい。

自分のことを気に入ってくれる人はいるけれど、その人と、よいタイミングで出会えるか。

そんな運任せでは、成約率が下がってしまう。

 

ということで、お金にものを言わせてやろうのコーナーです。

別に何も売りつけたりしませんので、ご安心くださいませ。

 

 

お金を使うということ

お金を使うということは、相手のリソースを買うということ。

自分でやれば時間のかかること、コストのかかることを、専門の人に任せてやってもらう。

モテる、モテないの話以外にも言えることで。

 

バスに乗る、ランチを食べる、服を買う。

そういったモノに対してお金を払うのは、専門の人に任せるから。

 

 

モテるには

モテるには、それを専門にしている人にお金を使えばいい。

例えば美容室、例えばアパレル店員、例えばカフェのウエイター。

 

その中でも、できるだけ自分に近いタイプの人で、自分がカッコいいなぁと思う人に接近する。

年齢や体形、雰囲気が近い人を選ぶことも重要だし、その人がカッコいいことも重要。

 

あとは、お金を払いながらアドバイスをもらおう。

美容院で髪を切るだけでは勿体ないから、毎朝のセットの仕方を聞いてみたり。

洋服やさんで、着やすい服、似合う服、例えばこんなとき~~という話をしてみたり。

 

 

それができている人はいいけれど、全くそうじゃない人が多いのが事実。

髪型や服装にもこだわらない、イケてない恰好でも平気。

 

別にこだわっていないなら、好きにやってもらえばいいのだ。

似合う髪型、攻めた髪型にしてもいいはず。

だって「こだわってない」って言うんだから。

ちょっとカラーを入れてみたり、アシンメトリーにしてみたり。

 

自分なりに考えたことを、答え合わせする。

答えがでないのであれば、ヒントをもらいに行く。

 

ネットで検索すれば出てくるかもしれない。

本を読めば出てくるかもしれない。

 

それを実践して、それに対して評価をもらわないと、なかなかモテないぞ。

やってみて、時間もコストもかけて、やっぱり似合わなかった、僕のタイプじゃなかった。

 

と思うことがあれば、それは"ダメな例"を知ることができる素敵な機会だったということ。

成長するためには、ある程度の時間とコストは必要不可欠なんですね。

 

f:id:acogale:20170329232941j:plain