ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

モチベーションの維持まで丸投げしなきゃいけないものは伸びない

あなたがやってみたい何か、あなたが始めてみたい何か。

これに対してアドバイスを求めることがあるだろう。

 

例えばあなたが、山登りを始めたい、と思ったとしたら。

  • 山登りに必要なものは何か
  • どれくらいお金がかかるのか
  • 初心者にオススメな山はどれか
  • 仲間はどうやって見つけるのか。

などなど、知りたいことはたくさんある。

 

それに対して、アドバイスをくれる先輩はたくさんいます。

教えてもらった道具を買ったり、気を付けなきゃいけないことを守ったり、あなたの山登りライフは快適になるでしょう。

 

最近、そうではない質問をされることが多いんです。

山登りを例に話をすると。

  • 山登りをしたいけど、する気が起きません
  • 山登りをすると、何かいいことがあるんですか

という質問をもらうことがあります。

どちらの質問も「山登りを始めたい」と既に思っている人たちです。

 

無理に販売している、無理に紹介しているわけではないんですね。

山登りをしたいから教えてほしい。と質問されるんですけど。

 

わざわざ、そのレベルまで引き上げてあげる必要があるのでしょうか。

誰に何を言われなくても、とりあえず山に登ってみる。

という気持ちの人を、より安全に、より快適に登れるようなアドバイスは必要だけど。

山登りをしたい気持ちが無い人に、オススメを教えてあげる必要はあるのでしょうか。

 

しかも、質問した側がそれを求めているなんて。

 

あなたのライフスタイルにおいて、山登りが適していないのであれば、それはやめたほうがいい。

にもかかわらず、「山登りをしたい」と言う人がいる。

つまり「山に登りたい」というモチベーションの維持をさせようとしているのだ。

 

何かをするのは自分自身であり、誰かに言われてするものでもない。

とはいえ、モチベーションがあがりません。と言う人がいるのは事実。

 

どうしたものか。

 

山登りを例にあげたけれど、無茶なアドバイスやモチベーションの維持を当然のようにしてくる人は多い。

  • ダイエット
  • 早起き
  • 副業
  • 読書
  • 投資

など 。

それを最低限、回していくだけの力は、自分自身に必要なのだ。

それすらないのであれば、〇〇やりたい!とは思わないことじゃないだろうか。

 

 

図解 モチベーション大百科

図解 モチベーション大百科