ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

気持ちがモヤモヤしている時点で、自分には2通りの「素直」がある。

こんにちは、スズキです。

最近、特にモヤモヤしていることがあります。

それは

「人を好きになる」

ということです。

 

彼氏彼女の恋人関係。

そういう「好き」ではありません。

ごくごく自然な付き合いの仲間のことです。

 

そのモヤモヤしている原因は、理想と現実のギャップが引き起こしています。

 

僕の理想

多くの人に好かれたいし、多くの人を好きになりたい。

せっかくのご縁を大切にしたい。

もっと相手のことを知りたいし、仲良くなりたい。

 

これが僕の理想です。

仲間内で集まればワイワイと話がしたいし、初対面の人とも楽しく会話がしたい。

ちょっとリア充っぽいでしょ。

 

他にも知らない人とコミュニケーションをとりたいし、困っている人がいたら助けたい。

優しい言葉をかけてあげたい。

 

僕の現実

現実では、多くの人を好きになりません。

見た目、雰囲気、しぐさ、そういったもので強く判断してしまいます。

自分の中で、特に居心地の良いと思う人にしかアプローチをしません。

 

自分は自分だし、他人は他人。

僕が良ければそれでいいと思います。

 

積極的に他人に干渉しないし、干渉されるのも嫌です。

 

どちらを選ぶか

理想の自分、現実の自分。

どちらを選ぶか、答えは出ません。

 

どちらを選んでも自分にとっての「素直」だと思うからです。

少し苦しい思いをしながらステップアップすることも大事だし。

今の自分の気持ちに反しないのも大事。

 

もしかしたら1年後、3年後、どこかのタイミングで気持ちが大きく変わるかもしれません。

 

2通りの素直

僕の中で2通りの素直がいました。

どちらも両極端にあり、一方を選ぶと他方を抑えることになる。

そんな関係でした。

 

その間でモヤモヤしている今だからこそ、アウフヘーベンしそうな気もしています。

僕の中にある2通りの「素直」

お互いにぶつかりあい次のステージに行く。

アウフヘーベンする。

 

そのタイミングを実は待っているのかもしれません。

 

今は見えないものが見えるように

2通りのどちらかで悩んでいるとき。

その選択肢が軽微なものでなければ。

かつ丼にするか、天丼にするか程度のことであればいいけれども。

 

そうでないのなら、何かを見落としているのかもしれません。

自分が今気づいていない何かを見つけたとき、その2通のうち、どちらか一方を自信をもって選ぶでしょう。

 

そこに気付くために、それを意識するために。

両極端の事象でジレンマを感じていると信じています。

 

ジレンマを感じるから、その事象を意識しだす。

意識しだすから、小さな出来事にも気付くようになる。

その普段はスルーしてしまうような小さな事象の積み重ねで選択肢の方向性が固まる。

 

いつか悩みがスッキリする。

そんな日がくると信じています。

 

 

史上最強の哲学入門 (河出文庫)

史上最強の哲学入門 (河出文庫)