ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

格安SIMでは満足できない

今使っているスマホを、格安SIMに変えたら大きくコスト削減できるだろう。

 

それと引き換えに犠牲になることもある。 

サービスの面、品質の面。

それらを総合的に判断したところで、格安SIMでは満足できなかった。

 

大原則としてWi-Fiは使わない

通信品質が保てないので、自宅以外のWi-Fiによるデータオフロードはしない。

つまり、家から出たらWI-Fiは一切使わない。

 

カフェ、コンビニ、ホテル、会議室のWi-Fiは使わない。

VPNを使えばいいかもしれないが、その手間があるなら、キャリア回線を使う。

 

キャリア回線の品質が欲しい

混雑時には思ったほどのスピードがでないと言われる格安SIM

使いたいときに使いたいことができないのはストレス。

そのストレスから離れるために、キャリア回線を使う。

 

よくつながる

モバイルルーターを使うならキャリア回線のもの。

コストやパフォーマンスを見る限り、WiMAXがいいのも理解しているが。

周波数が高いので、減衰が大きい。

 

建物の奥ではつながらないこともしばしば。

であれば、キャリア回線のモバイルルーターのほうがいい。

 

パソコンにもSIMを刺す

普段、持ち歩いているのはSurface3、SIMが刺さる端末。

だから、モバイルルーターの電源も気にしなくていいし、テザリングもしなくていい。

この便利さを覚えると離れられない。

次に欲しいのはVAIOのS13、これもSIMが刺さる。

 

端末を複数持つこと

スマホ、ルーター、パソコン。

いくつもSIMが必要になる。

かけ放題の電話、安定した速度、つながりやすい電波。

全てを総合的に考えると、キャリア回線を契約するのが一番いい。

 

1ヶ月50GBあればなんとかなるし、モバイルルーターは格安SIMとのハイブリッドモデル。

とりあえず何とかなる環境が構築されている。

 

ノマドワーカーだからこそ、ノマドできる環境を。

Wi-Fiを探してカフェに行きたくないんですよ。

 

どこでも作業ができる環境を作りたい。

そこにコストが掛かってもしょうがない。

コストをかける先が、カフェか回線か、の違いなだけ。

 

それぞれが「良い」と思うやり方で。

格安SIMも使っているけど、僕にはあまり合わなかった。