ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

遊びに行くと熱を出す子供の気持ちが分かる

お休みの日に遊びに行く。

帰ってくると熱を出す子供がいる。

 

その気持ちがよく分かった。

 

楽しいこと、興味深いことがあると、ガンガン頭に詰め込みたくなる。

詰め込み過ぎて、キャパオーバー。

 

キャパオーバーだけど、終わりまでぶっ続けで走り切る。

そうやってすべてのコンテンツに触れる。

 

コンテンツが終わった瞬間。

キャパオーバーしていた部分の反動がやってくる。

緊張が緩和されるのだろう。

今まで溜まっていた疲れやストレスがドッと出る。

頭が痛い、熱っぽい、だるい。

 

筋肉も緊張していたのか身体が重い。

 

 

それだけ夢中になったのか、我慢に蓋をしていたのか。

気を抜くその瞬間までは気付かないもの。

コンテンツが終わった瞬間に、ドバっとでてくる。

 

これが「少し頭が痛いなぁ」程度であればいいけれど、もっと深刻に真剣に悩むこともあるだろう。

自分のコンディションは、自分自身でしか分からない。

が、自分自身でも分からないのが、自分自身のコンディションである。

 

どこかに異常を感じたら。

暖かくして早く寝よう。

 

あまり調子が良くない時に頑張ると、クオリティも下がる。

クオリティを下げないためにも「やらない」という決断を。

 

 

やらない理由

やらない理由