ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

どうして願いが100%叶うと思うのだろうか

こんにちは、スズキです。

 

失敗が怖い人、いませんか。

断られたらどうしよう、相手にされなかったらどうしよう。

 

僕もそれは不安なんです。

自分の気持ちが伝わらないんじゃないか。って。

 

でも、必ず成功するとも思っていません。

断られることもあるし、嫌だと思われることもある。

 

だけど、アタックしていかないと進まない。

成功率を上げることは大事だけど、どうして100%成功すると勘違いしてしまうのでしょうか。

 

嫌われる勇気??

とにかく、何かを言わないと分かってもらえないんですよ。

あれがしたい、これがしたい。

 

僕は明日、印刷会社の工場見学に参加するんですけどね。

写真撮りたいし、社長についても聞きたいんですよ。

だから、あらかじめ聞いてみるんです。

「差支えない程度に写真を撮りたい、話を聞きたい」

 

今回は快くOKしてもらえました。

 

でも、NGと言われることだってあるかもしれません。

企業秘密だからダメと言われるかも、インタビューは〇〇円ですと言われるかも。

 

言われたら言われただと思うんですけど、その勇気がないんですよ。

 

1回で決めてやろうと、変にカッコつけてしまうんですね。

 

断られることがデフォルト

そんなにグリップが強くない人間関係であれば、断られることがデフォルトです。

お父さん、お母さんでさえ、断るんですよ、僕のお願いを。

赤の他人なら当然のことです。

 

いつの間にか、願いが100%叶う自分と思っているんでしょうね。

オレが正しい、オレが絶対だ。

 

ちょっとでも違うことをすれば、大きな声を上げてみる。

それは会社でも、家庭でも、家の中でも、家の外でも同じことだと思うんです。

 

お願いの意図が伝わらず、願いが叶わない例もあれば、嫌だと断られる例も。

 

とにかく他人は他人、伝わらなくて当たり前、断られて当たり前。

断られにくくするための準備はあるけれど、結局はその場で、その人が決めることなんですよ。

 

願いが叶わないこともある。

けれども、その1回だけであきらめないように、プッシュしていく気持ちを持とうと思った次第です。

 

 

ハリネズミの願い

ハリネズミの願い