ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

新しいものを取り込む力と、古いものを活かす力

こんにちは、スズキです。

 

アナログなものは不便でしょうがない。

レンタルビデオの時代は、返却時に巻き戻さないといけないし。

DVDになってからは、巻き戻しという概念も無くなった。

 

電子書籍だってそうだ。

紙の本は重いしかさばる。

Kindleにすれば軽い、たくさん持ち運べる、汚れない。

 

最近、メモ帳も電子化したくて我慢できない。

紙に書いた文字がそのまま電子データになるガジェットがたくさんあるらしい。

 

そういう"新しいもの"がでてくると、誰かが大きな声で言う。

「古いものの良さを分かっとらん」

 

新しいものの良さ、わかってほしいんですよね。

世の中、格段に便利になっているでしょ。

少しばかりの弊害があるけれど、そこは目を瞑ってほしいところ。

 

携帯電話がスマホに進化したから、大画面で楽しめるようになった。

交通系ICカードができたから、切符を買わなくても電車に乗れる。

 

そのうち音声認識、AIの発達で時代は大きく変わっていくだろう。

新しいものに触れていないと時代から、どんどん取り残されていく。

ということは、生きづらい世の中になってしまう。

 

古いものにも古いものの良さがあるのも承知している。

だけど、そこにしがみつくかどうかは別の問題。

古いものの良さを残すことはいいけれど、それを周りに強要してはいけない。

 

時代はどんどん進んでいるからこそ。

新しいものをどんどん取り込み、古いものの中から一番いいところを継承する。

 

未来は新しいところからしか生まれない。

新しいものを取り込むだけのパワーを。

 

 

新しいもの古いもの (講談社文庫)

新しいもの古いもの (講談社文庫)