ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

周りには面倒なおじさんがたくさんいる

色々なお付き合いの上で「おばさん」にはあまり出会わない。

逆に「おじさん」にはよく出会う。

 

その「おじさん」は、面倒な人たちが多い。

 

現役の人、引退した人。

おおよそ50歳以上の人の中に面倒な人が多い。

 

簡単に言うと、コミュニケーションがとれない。

古臭い考え方、旧体質の考え方、それらを否定しているのではなく。

 

レベル感の違いだろうか。

情熱の注ぎ方の問題だろうか。

 

大きな枠では間違っていないことでも、おじさんのフィルターを通ると理解できなくなる。

丁寧さや、熱意と情熱があるのは分かるのだけど。

 

 

どうしても問題が大きくなりがち、話を大きくしがちな印象を受ける。

というか、卓球のラリーをしている感覚で会話ができなかったり。

 

ポジション的なものかもしれないとも思いながら。

 

指示しがちだったり、人を使いがちだったり。

どうもうまくバランスがとれない。

 

フラットな環境も、それはそれで難しい。

 

ストレスなく、うまくできる環境づくりを目指して。

違和感が、キレイに言葉になれば問題提起もできるのだけど。

ただただ僕の中でモヤモヤしているだけでございます。