ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

おじさんに「お前~」と言われた日

最近、50歳のおじさんに「お前はさ~~」って言われた。

お酒も進んで気分が良かったときだった。

 

そのおじさんとは仲が良かったこともあって、何も思わなかったけど。

僕は「お前」と言われた。

 

おじさんだからなのかもしれない。

20歳年下だから、別に気にもしていない。

50歳のおじさんは、32歳のおじさんに「お前」と言うのだろうか。

 

このおじさんの口が悪いとか、性格が悪いとか、そういうことではなく。

50歳前後のおじさんの文化が「お前」と言うことに抵抗ないとしたら。

それはそれで受け入れてもいいのかなと。

 

日本語が通じるので、あたかも同じ意識で話をしているけれど。

年齢、生まれたところ、育ってきた環境によって、通じること、通じないことがある。

たぶん、今までであれば、勝手にシャットアウトしていた。

臭いものに蓋をしていただけだろう。

 

最近の僕の考えが変わってきたのは、情報発信をしているから。

そして、多くの人と絡んでいるから。

当たり前だと思っていることが通じないことが、当たり前のようにあり。

知っていると思ったことを知らなかったことに気付く。

自分の見ている世界は、本当に狭いものなんだと。

 

いつの間にか僕が話す言葉は、僕が当たり前のように知っていることで、共通の意識があると思っていた。

それは違ったのだ。

 

ただ日本語をしゃべることができる人がいるだけ。

それ以上でも、それ以下でもない。

だからこそ、いきなり怒るのは止めようと思ったのだ。

 

 

我慢することが正しいわけではないけれど。

何から何までピリピリする必要もない。

「そういう人もいるんだなぁ」と思う程度にしておいて。

もう一歩、二歩と歩み寄ってみればいい。

 

歩み寄っても理解できないメンバーであれば、それまでのこと。

実はすごく興味深い人かもしれないのだ。

 

僕が仲良くしている人は、第一印象は良くなかった。

なぜなら、僕の知らないことを知っていたり、分からないことで盛り上がっている。

だから、その人の良さが全く分からない。

全く分からないから、シャットアウトしていた。

 

けれども、全く分からないのであれば、シャットアウトせずに分かってみようと思う。

一歩歩み寄ったら、何かが見えるかもしれないから。

 

何かあるごとにかみつくのを止めにしよう。

「お前~」と言われても、少し我慢したらいいのだから。

 

 

ことばと文化 (岩波新書)

ことばと文化 (岩波新書)