ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

まだまだスピード遅い病

自分の中では高速スピードだったわけ。

積極的に動いていたわけ。

 

でも「まだまだ遅いよ」とアドバイスもらった。

ちょっと年上の、フリーランスの先輩に。

 

「場を作ってもらうの、待ってるでしょ」って。

まさにその通り。

 

自分から無理やりにでも切り開いていかないといけない。

周りの顔色をうかがいながら、あーでもない、こーでもないって。

そんなに自信がないなら、やめちゃえばいいのに。とか言われる始末で。

 

コテンパにやっつけられたけど、言うことは間違ってない。

というか、僕が求めていたような言葉がいっぱいだった。

 

僕がやりたいことは大人しいままだとダメ。

熱意と情熱で走り抜けていかなければいけない。

 

と思えば、今ここで、立ち止まっているのは良い選択じゃないだろう。

次の一手を考えているから立ち止まっているのではなく、誰かに賛同してもらいたくて、声を掛けてもらうために立ち止まってる。

 

まだまだスピードが遅いみたいだし、まだまだ積極的になり切れていないようだ。