ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

こだわりは滲み出る。僕の文章は音が作っているのかもしれない

こんにちは、スズキ(@acogale)です。

人それぞれに"こだわり"があると思います。

 

好きなもの、好きなこと、譲れないライン、持っている軸。

感性にしてみても、赤が好き、青が好き、温かいのが好き、冷たいのが好き。

知らず知らずのうちに、自分自身が負担なく選んでいるものがあります。

 

「僕のこだわりは何だろうか」と考えたときに。

一番に思い浮かぶのは「音」でした。

 

音との付き合い方

人それぞれのこだわりの中で、僕は音が気になって気になってしょうがないです。

音に敏感に生きているんですよね。

たまたまテレビをつけたときに、アニメがやっていたら。

声優さんが気になります。

 

正確に言えば、その声優さんがどんな役をやったことがあるのか気になります。

あれはコナンくんの声だ、あれは昔のジャイアンの声だ。

過去の自分の記憶を探るときに、一番のキッカケになるのは「音」だったんです。

 

音にまつわるモノも好き

例えばオーディオ。

僕が一人暮らしを始めたとき、まず買ったのがオーディオでした。

90cmくらいあるトール型のスピーカーと、少し古めのプリメインアンプ。

テレビの音を、そのオーディオから出していたんです。

肝心のテレビは、14インチの小さいヤツ、しかも当時はブラウン管でした。

 

例えばキーボード。

パソコンのキーボードも、打鍵感と同じくらい音にこだわっていました。

FILCOの青軸キーボードのパチパチいう感じが好きなんですよね。

 

頭の中で、音で遊ぶ

J-POPでも演歌でもいいんですけどね。

イントロが流れるとき、何を考えていますか。

僕はその音が、イベントで遊べるかどうかを考えます。

 

暗転して、音楽スタートして、このタイミングでスポットライト、このタイミングで司会者にキューを出す。

このタイミングで、オーディエンスから拍手をもらう。

みたいな。

音を聴くことは、妄想の始まりみたいなものです。

 

いつの間にか、音がテキストに

先日、あるイベントに参加しました。

その中で、長谷川賢人さんが講演してくださったのが

すぐうまくなれる「耳から発想!エモい文章術」

 

以前から一方的に気になっていた長谷川さんと、「エモい」という言葉に誘われて。

長谷川さんの講演時間の裏では、いつもお世話になっているdripの社長が講演をしていたのだけれど。

 

今回は、長谷川さんの講演に。

テレビでのセリフ、言い回しがエモい文章のキッカケになるから、しっかりと聞くように!

とご指導頂いた。

耳から取り入れる感覚。

僕の中では非常にマッチしていたので、これからの書き方になるのだろう。

なんて、そのときは考えていたのだけれど。

 

翌日に、別の方とお話する機会が

講演の翌日、ブログ繋がりで知り合った方とランチへ。

近況報告をしながら、文章の書き方について話をしたところ。

 

「スズキくんの文章は音だね」

と言われる。

自分でも気にしたことがなかったけど、僕の文章は「音」らしい。

よくラジオを聴いた、よく音楽を聴いた。

テレビのナレーションも気になる。

漫才も聴くし、落語も聴く

 

それらを意識しているから、文章も音っぽくなるんじゃない??と言われたのだ。

僕の頭には「はてな」が浮かんでいたけれど、「音」のこだわりは譲れないところなので、おおよそ言われたことは間違っていないだろう。

 

長谷川さんからお返事を頂く

そのイベントの記事を公開したところ、長谷川さんからお返事を頂けた。

これは本当に嬉しかったのだが。

そこに書いてあったことにビックリした。

「ラジオもいいですよ」と書いてあるのだ。

 

 

僕がこだわってきたこと、音について。

そして僕が今アウトプットしていること、音のように。

それらが、ビシッと一直線でつながったときだった。

 

こだわりは滲み出る

音と書くこと。

それらを同時に意識したことがなかった。

でも、音にはこだわってきたし。

定期的なアウトプットにもこだわってきた。

それが、いつの間にか合わさっていたのだ。

強く意識しなくても、それらが滲み出ていた。

色々なキッカケで、自分自身のことが少し分かってきたような気がする。

こだわってきたら、いつの間にか滲み出るようになるんだな。

これが個性かもしれないな。と思えたいい機会でもあり。

もっとこだわっていたら、スゴいヤツになっていたかもしれない。

という傲慢と反省に気付くこともできた。

 

自分が本当にこだわっているもの。

それは大事にしたほうがいい。

いつの間にか、意図してなくても、それが自分自身として滲み出てくるから。

 

 

 

風の歌を聴け (講談社文庫)

風の歌を聴け (講談社文庫)