ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

転職、コンテスト、応募するフリをすることで見える自分のこと

例えば就職、転職のエントリーシート、職務経歴書。

今の自分が書いてみたらどうなるだろうか。

例えばコンテストの応募用紙。

「プロフィール」や「概要」、「思い入れ」について書く箇所がある。

それを真剣に埋めてみると案外面白い。

 

「自分ってどんなことしてきたっけ」なーんて振り返りながら。

 

じっくりと自分のことを振り返る機会なんて、そんなにないんですよ。

今、どんな仕事をしているのか、何にハマっているのか。

どれくらいの実績があるのか、得意なことは何か。

もちろんこれからのビジョンや、内に秘めているものなど。

普段の生活では自分自身に問いかけない。

そのキッカケ作りとして、エントリーシート、応募用紙などを見てみると。

「自分だったらこんな風に書く」というのが見えてくる。

同時に、足跡が残っていない自分、しっかりと刻んできた自分。

色んな自分とも向き合うことになる。

それが自分自身を追い込むエネルギーになったり、安堵感を覚える材料になったりする。

 

昨年のこと、5年前のこと、10年前のこと。

いろんなポイントで、自分のスゴいところを引っ張り出してきて、それを書いてみる。

意外とオレすげーじゃん、ってなる。

普段と違うことで、新しい刺激がもらえる、新しいエネルギーがもらえる。

そのために、色んなツールを使うのだけど、今回は応募用紙だったというだけ。

 

昔の友人に会うこと、思い出の地を散策すること。

いろんなキッカケ作りのベースはあるから、手ごろな何かでやればいいと思う。

 

今日、ちょっとしたコンテストに応募した。

構成、思い、プロフィールについて記入してください。とあった。

 

プロフィールも久しぶりに作ったし、思いをしっかり文章にするのも久しぶり。

でも、思いを考えていると、頭がどんどん先へ進んで妄想しだしてしまう。

妄想の中に、自分が目指していたゴールがあったり、次への道があったりする。

 

今回のキッカケはコンテストへの応募。

やりたいことがどんどん明確になっていく。

 

 

プログラミングコンテストチャレンジブック [第2版] ?問題解決のアルゴリズム活用力とコーディングテクニックを鍛える?

プログラミングコンテストチャレンジブック [第2版] ?問題解決のアルゴリズム活用力とコーディングテクニックを鍛える?