ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

父の日に思う、父とスマホの関係

こんにちは、スズキです。

今日は父の日です。

父の日だけに、ちょっとだけ親父について考えてみることにしました。

 

僕の中での重要なポイントは

「なんだかんだでスマホに助けられている関係」

 

スマホに変えてから、随分と親父との関係が良くなりました。

1か月に1度ほどしか顔を合わせないので、その間は全く連絡をとらない。

というわけではありません。

 

LINEを始め、いろいろなツールを使って連絡するわけです。

ガラケーよりも使い勝手が良く、操作も直感的でわかりやすい。

文字入力には苦戦していますが、動画や写真をガンガン送ってきます。

 

携帯電話がスマホに変わってから「電話」という重要なツールからおもちゃに変わった雰囲気があります。

またSNSが発達したことで、無用の用で相手とコミュニケーションをとることができます。

 

いつの間にか、相手との距離が近くなったんですね。

それは僕の親父でも例外でなく。

 

気軽にメッセージを送ってくるし、気軽にスタンプを送ってくる。

スマホではラジオを使い、カメラを使い。

ガラケー時代とは考えられないほどの進化を遂げています。

 

UIの重要性もあることながら、デバイスが大きく変化したことも影響しているように思う。

「スマホだから」という気持ちが大きいのだろう。

もったいないから使いこなしてやる。

という印象も受けるのだ。

 

とにかく、スマホになってから、若干ではあるが距離が縮まった。

「通話」以外のコミュニケーションツールが増えたからだろう。

 

まだまだ元気な親父ですので、ほどほどにお互いが楽しめればいいと思っています。

 

↓親父とiPhone7

f:id:acogale:20170618230445j:plain