ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

過去のセーブポイントを訪れるとき

RPGゲームをするとセーブポイントに出くわすときがある。

その先でライフが尽きても、セーブポイントから復活できるのだ。

直径1m前後の光の輪が円柱状に降り注いでいるそれは、RPGゲームにとって大事な戦略ポイントになっている。

 

以前、人生はロールプレイングゲーム(=RPG)だ。と例えた人がいた。

経験値を積み、敵と戦い、ゲームを進めていく。

とすれば、人生にもセーブポイントがあるのだろうか。

 

人それぞれに、素敵な思い出が残っている場所がある。

それが人生におけるセーブポイントだ。

 

通っていた学校

素敵なマスターと出会った喫茶店

飲み歩いたあと、必ず寄っていたラーメン屋

初めての一人旅で降り立った駅

遠距離恋愛の恋人と待ち合わせしている時計の下

 

それぞれの場所が自然とセーブポイントになっている。

RPGのセーブポイントほど高性能ではないので、完全に復活できるわけではないが。

当時の記憶、当時のこと、いつもの思い出。

それが一気に蘇ってくる。

 

小さなセーブポイントもあれば、大きなセーブポイントもある。

5年ほど足を踏み入れていない飲み屋さん

先週も行った展望台

僕のセーブポイントはどこだろうか。

気分がすっきりして、ライフゲージが回復するポイントはどこだろうか。

 

ちょっと人生に疲れたときは、セーブポイントを巡ってみると頭が柔らかくなりそうだ。

 

 

ゲーム攻略大全 Vol.11 (100%ムックシリーズ)

ゲーム攻略大全 Vol.11 (100%ムックシリーズ)