ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

ぶつかる相手がいるけど、その相手が成長させてくれる

こんにちは、スズキです。

ある限られたメンバーとうまくいく人、うまくいかない人。

ぶつかる人、足並みそろう人。

 

いろんな人がいます。

僕の周りには、ぶつかる人が多い。

僕が異端なのか、僕のこだわりにズケズケ踏み込んでくるというか。

なかなかうまくいかないんですね。

 

でも、その仲間が僕を成長させてくれるんですね。

 

言い訳ばかり。

僕には面倒くさいくらいのこだわりがたくさんあります。

そんなことツッコまなくても、そこまでしなくても。

と自分でも思いながらも、小さな小さなところまでこだわってしまうんです。

 

だから、チームワークで作業をするとぶつかる、めっちゃぶつかる。

周りがいい加減するぎる。

と思うから。

 

書類一つにしても、面倒な上司みたいに細かくこだわっていた。

だからうまくいかない、チームワークは全くうまくいかない。

そのこだわり、本当に必要なのかと思いながらも、キレイ、整っている。

そういう状態が好きだから、そこにこだわってしまう。

 

だらしないメンバーも

だらだらだらしないメンバーもいる。

作業が早いけど雑。

ではなく、遅いし雑という最悪なパターン。

 

そういいながらも、一生懸命やっているというのでしょうがないと思うけれども、なかなか僕には受け入れられない。

受け入れられないけど、一緒にやっていかなきゃいけないという苦痛。

 

お互いに、お互いに「ちょうどいい塩梅」が分からず、お互いに好きなようにやっているから、全くうまくいかない。

うまくいかないからぶつかってばかり、イライラしてばかり。

 

ただ最近は、ちょっと自分にも余裕ができたのか、少し考えるようになった。

「それって本当に必要なのか」

と。

こだわり、怒り、そういうものって必要?

今日はそれを忘れてもいいんじゃないかなって。

 

だらしない相手も、頑固なヤツだから、一歩も引かない。

僕も頑固だから一歩も引かない。

 

そういう喧嘩みたいなことをしていても、別にいいんだけれども。

どこかで「折り合いをつける」ことを覚えたら、それが随分と楽になる。

いつの間にか片付いていたりする。

 

頑張りすぎること、燃えすぎることで、負の効果も出てくるのか。

少し力を抜いて、余裕を持つことでスムーズにいくのだ。

 

いっぱいいっぱいになったとき、どこかで溢れそうになったとき。

深呼吸をして、気持ちを落ち着かせる。

笑うことで、気持ちを落ち着かせる。

緊張の糸を緩めることが大事なのかもしれない。

 

最近大笑いした素敵なツイートをご紹介して終わることにします。

 

笑う人には福来たる 「幸せ」が集まってくる5つの習慣

笑う人には福来たる 「幸せ」が集まってくる5つの習慣