ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

自分が考えている"積極性"は、ちっとも積極的じゃない。マイナスがとりあえずゼロになっただけ。

こんにちは、スズキです。

 

今年の自分テーマの一つに「積極性」があるんですが、まだまだ足りないんです。

足りなくて困っています。

自分の中では、積極的にやっているつもりでも、まだまだ遠く及びません。

 

 

情報発信をしたところで、ただ発信しているだけでは、それはゼロだと思っています。

渋谷のスクランブル交差点でプラカードを掲げて立っているだけ。

自分から声を掛けたり、歩み寄ることはなく、待ちの姿勢で立っているだけ。

それが積極性だと思っていましたが、それはマイナスの気持ちがゼロになっただけでした。

 

モテようと思ってオシャレをしても、オシャレをして積極的に外に出ても。

自分から声を掛けないと、それは積極的じゃなくなる。

残念だったマイナスな自分が、ようやく戦えるフィールドに立ったというゼロになっただけ。

 

どうしても、それを勘違いしてしまいます。

自己満足で何か行動を起こしても、それはようやくスタート地点に到着しただけなのです。

 

 

頭で考えるから、積極性が無くなる。

 

何でも頭で考える。

大丈夫かな?? これでいいかな?? 準備できてるかな??

と考えるから、自分の想像の分だけしか行動ができない。

 

何も考えずに行動するということが苦手なのだ。

行き当たりばったりであれば、新しい問題や、新しい課題がどんどん出てくる。

それを自分から行動して解決していかないといけない。

 

自分が考えてしまうからこそ、考えている部分では積極性があるのかもしれないが、行動という面で見たときに積極的ではなくなるのだ。

気にせずに、どんどん突き進むくらいの心意気がなければ、積極的にはなれない。

 

積極的になりたいから、深く考えない。

 

失敗したところで、死ななければいけないことなんてそんなにないぞ。

だから、死なないのであれば、どんどん進めば良い。

道徳的に、モラルに反することでなければ、どんどん進んで行こうと思う。

 

積極的に行動することで、絶好調になれる。

 

行動することに、絶好調が結びつく。

タマゴが先か、ニワトリが先かということはあるが。

 

例えば、明日は仕事が休みだ、そういえば明日はAKBのライブがあるぞ。

と思ったときに、よし行ってやろう!!! と準備もなく行動し、チケットや交通手段の手配をし、うまくできたとする。

 

そうすれば、あぁ今日も絶好調だったなぁと思う。

うまくいかなくても、急遽の予定だからしょうがないね。

となる。

 

思い立ったら行動することで、それが成功すれば絶好調だと思い、失敗したらまぁしょうがないなと思う。

経験を積み重ねると、失敗率も下がってくる。

 

ということは、絶好調率が上がってくる。

いつの間にか絶好調だらけになり、全身がプラスに包まれるのだ。

 

慎重に行動しなければいけないこともある。

が、そうでないなら、どんどん突き進んでいけばいいんだよ。

あまり考え過ぎるのはよくない。

 

考えてできた積極性は、つまりのところマイナスがゼロになっただけに過ぎないのだから。

 

【新訳】積極的考え方の力

【新訳】積極的考え方の力

  • 作者: ノーマン・ヴィンセント・ピール,月沢李歌子
  • 出版社/メーカー: ダイヤモンド社
  • 発売日: 2012/11/30
  • メディア: 単行本
  • クリック: 4回
  • この商品を含むブログを見る