ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

最近感じる「オレ、あともうちょっとや」というところにいる自分

こんにちは、スズキです。

 

最近、人と会話してますか、血の通った会話になっていますか。

自分の思いをしっかり伝えていますか。

 

そんな話をしているときに、アイツすげぇやつだな。と思うこともあれば。

相手から「おまえすげーじゃん」と言われることもあります。

 

僕は適当なことを、適当に言うのが得意です。

もちろん害のないレベルの話です。

 

エレベーターのボタンを押したら、たまたま同じ階で止まっていたとき。

一瞬で扉が開きますよね。

 

そんなときに「前もって、オレがエレベーター呼んでおいたんや」と言ってみたり。

 

その程度の「嘘」というかスズキジョークを言う。

そうすると「スゴい」と言われる。

 

僕の中では適当に言っているだけなのに。

 

例えばそんな小さなことでも、自分が他の人より、ちょこっと優位な場所にいる。

だから、それをどんどん積み重ねていけば、オレってスゴいヤツになれるかも。

と思ってみたりする。

 

その一方で、なかなか周囲の人に言えない部分もある。

ジョークっぽさがないと、まだ言えない自分がいるのだ。

 

それを本気で言えるように、いつでも自分をアピールできるようになれば強いだろうなと。

肩書きのようなもの。

それは、今の自分ではなく、半歩、1歩先に見える自分のことを言う。

やべぇやべぇ、ちょっと足りてねぇぇぇと思いながら、ピッチを上げて努力する。

 

という繰り返しができる。

 

だからこそ、もうちょっと自分に自信を持って、言ってみたらいい。

言ったからにはやらないと。。。。となる。

僕はお尻に火がつかないとやらない。

お尻が大炎上しないとやらない。

 

それなら先に火種を用意しておけばいい。

 

というスタンスだ。

 

とにかく毎日の一つ一つを宣言し、その約束を守るようにする。

そうやって追いつくことで、ステップアップできると思っている。

 

まずは自分で宣言すること。

僕は誰なのか、どんなことができるのか。

まだまだぬるいお湯につかっているから。

 

今すぐにでも大きな声で宣言したいのだ。

 

 

大人のジョーク (文春新書)

大人のジョーク (文春新書)