ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

過去を振り返るクセを助けてくれるのは、進化し続けているインターネットだった

---さっさとググれよ

「ググる」という言葉が定着してどれくらいたつだろう。

最近の若者は、ググることすらしなくなっている。

新しく使うツールは、Twitterとのこと。

 

確かに、地震があったとき、渋滞情報、混雑情報などは、Twitterで検索したほうが早い情報を得られる。

 

とはいっても、まだまだGoogleも現役で、大変お世話になっているのは間違いない。

必要な言葉、単語、ワードを入力すると、欲しい情報が載ったホームページを紹介してくれる。

Googleが検索エンジンとして使われ始めたのは2000年頃。

今では、当たり前のように使っているこのサービスだが、15年、20年前だったらどうだっただろうか。

 

 

---情報量が少なすぎる

当時は情報量が乏しかった。

気になった"何か"を調べるには、図書館で本を探すか、知っている人から聞くか。

今のように、手元のスマホで調べるなんてことはできなかったのだ。

 

本にしても、タイトルに全てが書いてあるわけでもないし、本文を検索できたわけでもない。

タイトル順、分類番号順に並んでいるカード目録を順番に調べ、見当をつけて本を探しに行く。

 

人に聞くにしても、誰に聞いていいのか分からないから。

友人、両親や学校の先生、知り合いのおじさんに聞く。

そこで解決することもあれば「それなら〇〇さんに聞いてみるといいわよ」と教えてもらえることもあった。

 

その時代を知っているので、インターネットで簡単に調べられることの便利さ、スピード感、リアリティ感には、本当にビックリするのだ。

この検索システムによって、僕の記憶をつないでくれているものがある。

 

 

---ツバメスケッチが好き

休みの日、特に大きな予定を入れていないと、のんびりしてしまう。

のんびりした時間に、自分の過去を振り返ってしまうことはないだろうか。

昨日は、先月は、去年は、そういえば。

やったこと、行った場所、食べたもの、聞いたこと、触れたもの。

 

過去のモロモロを引っ張り出してきて、余韻に浸っているときがある。

そんな時に思い出すバンド「ツバメスケッチ」が頭から離れなくなる。

 

埼玉県出身、ストリートライブで活動され、2005年にはメジャーデビュー。

 

アニメ「韋駄天翔(イダテンジャンプ)」の主題歌にもなった。

「旅マニエル」というアルバムを出し、その翌年に解散。

 

そのツバメスケッチの楽曲にあるのが「センチメンタル」なのだ。

 

 

---センチメンタルな気分に

"センチメンタル"という言葉を聞いて、井上陽水なのか、岩崎宏美なのか、ゆずなのか、松本伊代なのか。

誰を思い出すかは、人それぞれ。

僕は、ツバメスケッチだったんですね。

 

この曲との出会いは、携帯電話の配信サービス。

今でこそ当たり前になったネットで音楽を買ってダウンロードする。

このサービスのサンプル曲で、ツバメスケッチのセンチメンタルが無料でダウンロードできたのだ。

 

無料だからダウンロードした。

ただ、それだけのこと。

サビの部分しかダウンロードできなかったけど、それだけでも満足だった。

 

 

---気になりだすととまらない

数年後、そういえば「センチメンタルな~~」という歌詞の歌があったな。

と思い出す。

でも、どのサイトからダウンロードしたのか、どのケータイでダウンロードしたのか思い出せない。

思い出せないから、ネットで片っ端から調べた。

 

そうすると、Yahoo!知恵袋に到達したのだ。

Yahoo!知恵袋に、その答えが載っていた。

回答してくださった方と、Yahoo!知恵袋というプラットフォームに助けられたのだ。

 

 

---進化しているインターネット

ひとまず「ツバメスケッチ」の「センチメンタル」ということまでは分かった。

オンラインショッピングで、CDも手に入れた。

 

Wikipediaの登場で、より詳しい(であろう)情報を手に入れることができた。

公式ホームページが無くなったあとでは、Wikipediaの情報を頼りにすることもある。

 

そのうちに、Twitterというものが登場する。

Twitterで検索すると、また面白い結果が出てくる。

今まで知らなかったことが、どんどん出てくるのだ。

 

 

---調べ続ける

インターネットの情報、それは進化している。

なぜなら個人が情報を発信できる時代になっているからだ。

 

そのスキルが無かった人、方法が分からなかった人が、発信する術を身に着ける。

何気なく発信したその人が得意とする"ちょっと詳しい"情報が、僕にとって求めていたものかもしれない。

 

一度調べただけでは不十分な内容でも、いつの間にか情報が補完されている。

今日の検索結果と、一年前の検索結果では、持っている情報が大きく違うかもしれない。

 

同じパソコンで、同じ検索エンジンで、同じ検索ワードで調べること。

僕が成長していなくても、Googleが成長し進化しているから。

より深い情報を引っ張り出してきてくれている。

 

情報を得るために、思考も計算も貧弱な僕がやることは「調べ続ける」だけ。

これができるだけでも、目の前の世界が大きく変わるのだった。

 

ツバメスケッチとの出会いは、ネットの進化におけるモノサシだ。

 

 

旅マニエル

旅マニエル

  • アーティスト: ツバメスケッチ,ゆうた,あおた,はぎお,横山武,森純太,樫原伸彦,井上慎二郎
  • 出版社/メーカー: エピックレコードジャパン
  • 発売日: 2006/09/20
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログ (1件) を見る