ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

スマホを触り続けるのは、世の中がつまらないから

自分で自分のツイッターを見ていて驚いた。

6月15日のお昼にツイートしたあと、次にツイートしたのは6月18日の夜だった。

途中の投稿は自動投稿だ。

 

その週末、キャンプをしていたからスマホに縁が無かった。

途中、連絡手段の1つとして、カーナビ代わりとして、写真を数枚撮るのにスマホを触っていた。

 

いつもよりも、ぐんとスマホを触ることが少なかった。

それはなぜか。

 

その場が楽しかったから。

 

いろんなことを全部忘れるくらい楽しかったから。

スマホに娯楽を求めることがなくなったから。

 

週末、僕のスマホは娯楽のツールではなくなった。

 

スマホが登場したことで、娯楽は一掃されてしまったのだろうか。

若者の○○離れと言われることも多い中で。

 

世の中にはスマホ以上に面白いことがたくさんある。

それに触れ合っているのであれば、スマホを触る優先順位は下がってくるだけのこと

逆を言えば、スマホを触っているということは、世の中がつまらないということ。

ネット上のSNSやコミュニティが楽しかったり、ゲームが楽しいだけのこと。

 

肌身離さずスマホを触っていたけれど、そんなことがどうでもよくなるくらい楽しいことがある。

そんな週末を過ごすことができた。

 

写真を撮ったり、ブログのことを考えたり。

そんなことよりも、今を楽しみたい。と思った週末だったのだ。

 

 

スマホ廃人 (文春新書)

スマホ廃人 (文春新書)