読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

【仕事】女は男に勝てない、さっさと諦めること

こんにちわ、スズキ(@acogale)です。

先日、ある講演会での話。

 

登壇者は女性の方です。

男性社会という考え方が多い業界で活躍されている。

 

その中で言われたことは「女は男に勝てない」ということ。

 

 

寿司屋の話

色々な業界があるなかで、男性、女性と強く線引きされている業界はまだまだある。

「美味しんぼ」という漫画の中でも、似たようなことは描かれていた。

 

「女の華」という話だ。

「男の職人には絶対負けないんだ」という寿司職人の夏子。

そこへ歌舞伎俳優の若手実力者 市橋菊蔵と女形の名優 吉川清右衛門がやってくる。


夏子を見て、菊蔵は帰る、という。「女の握った寿司は生臭くて、気持ちが悪い。料理人の世界は男の世界なんだ」とのことだ。

 

 

男性、女性という考え方

そんな菊蔵の言葉を聞いて、清右衛門が「あんたの母親は料理を作ってくれなかったんですか」などと、ツッコミが入る。

 

男まさりな寿司を握ろうとする夏子にも、清右衛門はこう言うのだ。

「私は歌舞伎の女形です。だが私は本物の女より女の魅力を表現できる自信があります。あなたは私と正反対の男の姿をしている。しかし男の醜さしか感じない。荒々しくて、粗野で、攻撃的で、無神経。この店ではとても寿司を味わうことはできません」

 



男らしさ、女らしさ

男らしさ、女らしさと言うと、差別だ!! と言われることがある。

それはさておき。

 

男ってのは、パワフルなで力強いイメージがある。

逆に女ってのは、しなやかで優しいイメージがある。

 

差別ではなく、僕の勝手な印象だが。

 

 

 

女は男に勝てない

さて、冒頭の話。

「女は男に勝てない」ということ。

講演してくださった方、下積みをしながら、ある会社に転職をした。

そこには大ベテランの技術をもった人、一流と呼ばれる人がいた。

 

その人に勝とうと思っても、同じだけの技術を身に着けようと思っても。

力でも、体力でも勝てないのだ。

無理をしても、自分が壊れてしまうだけで、全く歯が立たなかった。

 

 

自分が勝てるフィールドで

彼女が思ったこと。

「自分の強み、自分らしさをもっと出せばいい」と。

 

女性ならではの気遣い、やさしさ、暖かさで切り込んでいく。

人と人をつなげるような、包み込むようなやりかた。

 

それは、彼女自身の特技でもあったし、女性としての優位なポイントでもあった。

 

 

しっかりと今の自分を見ること

自分にしかできないこと、ニッチな市場。

その場では強いパワーを持つ。

 

万人受けしないかもしれないが、だからこそ自分らしさがでる。

勝負に挑みに行っても負ける。

なら、自分で戦うフィールドを作ろう。

 

 

ナルシスト+悲劇のヒロイン

女だから~~~と言いながら闇雲に戦う。

現実をしっかり見つめないと、負けるだけ。

負けて負けて、そんな自分が好きで好きでしょうがなくなる。

 

そういう感覚じゃなくてさ、お互いがお互いを認め合える場所を用意しようよ。

 

 

お互いを認め合うこと、みんな違ってみんないい

競合して高めあっていくことも大事かもしれない。

すきま産業を狙ってもいい。

ごちゃごちゃ文句を言うだけにはなりたくないもの。

 

時には諦めが必要で、諦めたら次に進んでいけばいいだけ。

肩ひじ張って、あたしが、あたしが、とならなくても。

ちゃんとみんなが見ていてくれるから。

 

負けるときは、さっさと負けておけばいいこと。

損して得とれ。

そんな感じではないのだろうか。

 

もちろん「男は女に勝てない」こともたくさんあるのだから。

 

 

追記

--2017/03/11 10:15追記--
かんどー様の「接客業はつらいよ! あけすけビッチかんどー日記!」

女は男に勝てないから、人と人をつないだり気配りしなさいという呪い

にて、言及頂きました。

 

僕自身の言葉が足りなかった部分、最近調子に乗っていい気になっていた部分。

そういったものが露呈した記事になっていたのかと思います。

改めて、記事にするときの言葉選び、伝わることの重要性、地に足のついた記事を書くこと、を考えることができました。

言及頂き、ありがとうございました。

 

f:id:acogale:20161228102405j:plain