ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

たまには「好き」と言いたい

こんにちは、スズキです。

最近「好き」って言いましたか。

 

それは異性に対する「好き」でもいいし、家族に対する「好き」でもいい。

食べ物の「好き」だったり、趣味の「好き」だったりする。

 

自分が好きなモノを、好きと言えること。

そんな素敵な気分になりたいなぁという話です。

 

いつの間にか、いい加減になる。

好きなモノ、すぐに言える人ってどれくらいいるのだろうか。

例えば好きな食べ物。

小さな子に聞いたら、すぐに「ハンバーグ」「オムライス」って答える。

 

そんな自分が、いつの間にか好きな食べ物を答えられなくなる。

「好き」って感情が薄れているんだろうな。

 

それは、知見が広がり興味あるもの、母数が増えたから迷っているのかもしれない。

そもそも"食べ物"に興味が無くなったのかもしれない。

 

 

興味が無くなるのは、成長した証

興味が無くなるというのは、社会性があるということ。

色々なものに興味があると社会では生きづらくなる。

前でスピーチをしている上司に対して「なんで今日のネクタイはピンクなんだろう」と思ったとき、そういう興味が湧いたとき。

 

スピーチ中の上司に対して「どうして今日はピンクのネクタイなんですか?」とは聞かない。

普通は我慢する、結果として興味を持つことを我慢する、興味を持たなくなる。

 

いつの間にか、社会性を得る一方で興味を失っているのだ。

 

 

興味津々になりたい

そうやって、ドライに、薄く生きているのもありかもしれない。

が、どこかでもっと興味に溺れたいと思う自分がいる。

新しいことを学びたい、何かキッカケが欲しい。

 

もっと興味を持ちたいわけです。

今まで知らなかった楽しいことを知りたい。

今まで知らなかった美味しいものを知りたい。

今まで知らなかった素敵な人に出会いたい。

 

そうやって「好き」という機会が欲しい

 

 

好きと言いたい

好きなものに対して「好き」と言えることが、どれだけ素敵なことなのか。

好きな人に対して「好き」と言えること。

 

好きって言いたいというより、好きと言いたくなるようなパワーが欲しい。

もっとパワーを集めて、好きという気持ちでぶつかっていきたいと思うのだ。

 

素敵な人に出会ったとき、素敵なモノに出会ったとき、澄んだ目で「好き」と言えるだろうか。

全てを包んで、全部全部好き。

 

そうやって言える機会があったらいいのにな。

そんなにハードル高く考えないでも、家族や友人、職場の仲間にも「好きだわー」って言えればいい。

 

ちょっと自信と、ちょっとのキッカケさえあれば言えるのだろうけど。

それを見つけ出せないところが、今のモヤモヤなのだろう。

みんな大好きなのに。

f:id:acogale:20170428222228j:plain