ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

「好き」は絶対評価なのだろうか、相対評価なのだろうか

自分の好きなものがわからない。
そんな声をよく聞く。

そもそも「好き」は絶対評価なのだろうか、相対評価なのだろうか。

相対評価だとすれば、嫌いなものに手を出してみないと「好き」がわからないだろうし。
そもそも「嫌い」もわからないだろう。

やりまくって、やりまくって、心地よかった順に並べ替えたとき。
一番上にあるのが好きなこと、一番下にあるのは嫌いなこと。
という分類になる。

絶対評価だったら。
自分の中で、適当な検証項目や数値をつける。
それをレーダーチャートのようにして、判断するしかない。

 

やってみるしかないのかもしれない。

 

 

「好きなこと」だけして生きていく。

「好きなこと」だけして生きていく。