ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

やりたいことを見つける難しさ、それを続ける難しさ

やりたいことというのは、何度も何度も出てくる。

諦めたとしても、辞めたとしても、やっぱりやりたくなる。

 

好きだからこそ、どんどんリソースをつぎ込むことができる。

お金の時間に、全てを投げ出してでも、やりたいことにリソースをつぎ込むことができる。

 

何かのキッカケで、それを辞めてしまったとしても、またその続きをし始める。

5年、10年と期間があくかもしれないけど。

 

始める、辞める、始める、辞める、を繰り返していくと、いつの間にか特定のものだけが残る。

自分のやりたいこと、自分の好きなことだ。

 

それを、次につなげていくにはどうしたらいいか。

人によって、それを実感するまでにかかる期間はバラバラだ。

 

3年近く、朝から晩まで、どうしよう、どうしようと悩みながら動いてきた結果、少しだけ自分が好きなものが見えてきた。

 

おおよそ3本の柱になった。

 

それぞれが、全く別の方向だけど、中心ではつながっている。

今度は、柱を太く、高くしていくことに注力しなければいけない。

 

誰に何を言われようと、3年の時間は無駄ではなかった。

目に見えるカタチで成果になっていたら。全く別の選択になっただろう。

 

ゆっくりだけど、嘘をつかないで。あれこれ考えた結果なのだから。

 

「自分と向き合う」というのとはちょっと違う。

「自分と散歩」してたら、決まって足を止める場所があった。

そんな感じだ。

 

自分自身と対話するとか、見つめなおすとか、そういうスゴいことじゃない。

会話も無ければ、温かみもない。ただ一緒に散歩しているだけ。

ふとした瞬間、目が合った瞬間、足を止めた瞬間。

 

そういった「瞬間」を感じながら、いつの間にか好きなものが選別されていたようだ。

 

 

散歩の達人 2018年 10月号 [雑誌]

散歩の達人 2018年 10月号 [雑誌]