ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

自分が得意なことを、もっと浸透させていこう

あなたは何が得意なn

ちょっと得意なこと、ほかの人より少し得意なこと。

これから学んでやろうと思うこと。

 

それは何か。

具体的な何かが見つかっているなら、どんどん宣伝したらいい。

好きなんです、と言える何かを、さっさと浸透させていこう。

 

ももクロが好きなら、ももクロファンをアピールすればいいし。

パンケーキファンなら、パンケーキが好きなことをアピールすればいい。

嫌われるくらいアピールして、ようやくスタート。

 

ももクロと言えば〇〇さん、iPhoneと言えば〇〇さんのように。

 

恥ずかしがってアピールしないと、どこの誰かも分かってもらえない。

もっとアピールすればいいのにと。

 

自分が好きなことを言えるように、事前に準備をしないといけないし、整理整頓をしなきゃいけない。

断捨離だったり、マインドマップだったり、方法はいくらでもあるけれど。

 

早く自分の好きなことを、特異なことを見つけて、アピールしていこう。

 

 

「算数が得意な子」にするために親ができること

「算数が得意な子」にするために親ができること