ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

淡々とやることが極めて重要だった

淡々とやることは表に出にくい。

 

頑張ってやったことは、アピールすることがあるけれど、淡々とやっていることはアピールしない。

というか、アピールすることを忘れていることがある。

 

淡々とやっていることは、その人の中で当たり前のようにできることだから、わざわざ「すごいでしょ」とならない。

顕在化していないそれを、どれだけ見つけられるか。

 

成功しているあの人や、魅力的なあの人は、外に出ていないところで、淡々とやっていることがある。

 

淡々とやることは、意外と難しく、習慣のように淡々とこなせるようになるまでは、自分を無理やりコントロールすることとなる。

自分自身のライフスタイルや感覚を、淡々と寄せていこう。

 

 

淡々と生きる

淡々と生きる