ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

適当に走り続けた結果、ただただ「疲れた」

体調を崩すのは土曜日。

平日は仕事に対する緊張感がある。

その緊張が無くなるのは土曜日。

 

先週の土曜日、体調を崩した。

何も予定を入れていない土曜日だった。

 

タスクはたくさんあったものの

「誰かに会う」「どこかに行く」

という予定がなかった。

 

案の定体調を崩した。

体調を崩したタイミングで、自分の生活を振り返ることができた。

ここ数週間の自分を見つめなおした。

適当に走り続けた結果、出た答えは「疲れた」だった。

 

自分自身のコンディションを良い状態で保つためには、睡眠が大事だということは重々承知していた。

が、いつの間にか睡眠時間がどんどん減っていった。

寝る時間が当たり前のように遅くなっていた。

それに気づいていない自分がいた。

 

当たり前のこと、当然のことを、当たり前のようにこなすのは本当に難しいようだ。

適当に毎日過ごしていたら、少しずつズレていた生活習慣に気付かなかった。

 

結果、ただただ「疲れた」だけになった。

自分で自分をコントロールしきれていなかったのだ。

 

達成感のある疲れ方ではなく、絶望ばかりが迫ってくる疲れ方。

 

緊張の糸が切れ、疲れがドッと出てしまうと、それ以上進まなくなる。

一時停止。

 

一時停止すると、復活するのにずいぶんと時間がかかるのだ。

だましだましやってきた自分のモロモロが動かなくなる。

 

適当に過ごすことは良くないのだ。

当たり前だけれど、もっと丁寧に生きていきたいもの。

 

 

ヘトヘトに疲れる嫌な気持ちがなくなる本 (中経の文庫 い 26-1)

ヘトヘトに疲れる嫌な気持ちがなくなる本 (中経の文庫 い 26-1)