ちゃんとやれ!

「ちゃんとやる」ためのトレーニング場

手を挙げろ、やりたいことができる

こんにちは、スズキ(@acogale)です。

 

僕の身の回りで活躍している人がいます。

デザイナー、WEBディレクター、カメラマン、ライター。

 

その人たちが活躍するキッカケは何だろうか。

と考えてみれば、とにかく手を挙げることだったように思います。

 

自分のコト、アピールしてる?

自分のやりたいこと、やっていること、どれだけアピールできていますか。

例えば僕なら「スズキくんなら、〇〇が得意だよね」

 

そう言ってもらえる準備は、どのくらいしたのでしょうか。

デザインが好きならデザイン集を、カメラマンなら写真集を、どれだけ持ち歩いているのでしょうか。

 

色んなところで、もがいてるデザイナーやカメラマンに出会いますけど、ポートフォリオを持っている人なんて、1年に2~3人しか会わないですよ。

 

受け身になってない??

自分のこと、売り込んでる人、少ないですよね。

例えばカメラマン。

ツイッターのプロフィールには「イベントの写真撮りますよ」と書いてある。

中には実績の為に、無料で撮影します。

と言ってくれる人もいる。

 

でも、それって受け身なんですよね。

書いてある看板を持っているだけ。

 

自分から売り込める人は、どれくらいいるのでしょうか。

知り合いがイベントをやるなら

「カメラマンやらせてくれ」と言う人がどれくらいいるのか。

「記録係で会場に入れてくれ」と言う人がどれくらいいるのか。

 

認めてほしい人がいるなら。

例えば「カバン持ちさせてください」「実費でいいから出張講演について行かせてください」

そうやって、お願いする人、どれくらいいますか?

 

手を挙げないと、気付かない

提供できるモノがあるのに、声がかからない人。

それは、次の2パターン。

 

  1. 提供商材に気付いてもらえていない
  2. お願いしづらい

 

1番の場合、イラストを描いてほしいな、と思っていても、あなたのことが思い浮かばない。

まだまだ情報が浸透していないのです。

 

2番の場合、忙しそう、いつならお願いしても大丈夫かな、と変に気を遣わせてしまう。

もっとフランクに頼んでもいいよ~~と思っていても、それが伝わっていないとき。

 

だから、どんどん手を挙げないといけないのです。

僕やります、私やります、最近困っていませんか、こんなお手伝いできますよ。

 

もっと自分を宣伝していきましょう。

 

スズキ自身ができること

僕ができること、それをどれくらいの人が知っているのか分からない。

僕自身も積極的に宣伝できていない。

だから「コイツ、何ができるんだろうか」と思われるし、そんな人のところには仕事も相談もこない。

 

もっと自分ができることを、具体化していこう。

そのために、まずは自分と向き合うことも必要なのだと感じている。

 

「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!

「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!